FC2ブログ

海外通販サイトでサイクルウェアを注文したら色々大変だった話(前編)

5月の600kmブルベで、あろうことかスタート前にウィンドブレーカーを紛失。

⇒「初めての600kmブルベ「BRM519那須600」なんとか完走!

BRM519那須600


無くしたウィンドブレーカーはASSOS「SJ.BLITZFEDER

SJ BLITZFEDER


国内価格22,600円(+税)とあるが、1年程前に海外通販サイトで1万円で購入。

無くしたのは大変残念だが、自分の不注意なのでしょうがない。

ただ夜間やダウンヒルなどの気温調整だけで無く、雨が降った時にも役立つ
ウィンドブレーカーが手元に無いのは少々心細い。


そこで新たにウィンドブレーカーを購入する事にした。

色々検討した結果、ASSOS「EQUIPE RS RAIN JACKET 」に決定。


EQUIPE RS


ASSOS2018年モデルの超軽量・防水ソフトシェルジャケット。

畳むとジャージのバックポケットに入るコンパクトさが魅力の一つ。

また、今までウィンドブレーカを着るとジャージのバックポケットに入れた
カメラを取り出す事が出来なかったのが不満だった。

このジャケットはスロットポケットからバックポケットにアクセス出来るので
これまでの不満を解消してくれる。


と言っても、さすがに予算オーバーなので、少しでも安く手に入れるべく
いつも通り海外通販サイトをチェック。

日本向けにASSOS商品を販売している海外通販サイトは限られており、
その中の一つが先日LOOK765HMフレームセットを購入したCicli Mattio。

⇒「Cicli Mattio

EquipeRS

商品代245.85.10ユーロ+送料9.95ユーロ=255.8ユーロ。

131円/ユーロ換算で約33,500円と、国内価格に比べればリーズナブル。


ところが良く見てみるとM、Lサイズともに在庫切れ。

この時は次のBRM623に間に合わせたかったので、他の海外通販サイトを
探したところ、以前ASSOSの限定ジャージを購入したサイトで発見。

⇒「ASSOS社40周年限定記念モデルを海外通販サイトでゲット

Schlosshund
*上の画像では納期9Wとなっているが、注文した時は1~2Wだった。


こちらの海外通販サイトでの価格は300ユーロ(39,300円)とかなり高い。

と思ったらこの価格には19%のVATが含まれており、EU及びドイツ以外の国への
発送品についてはVATは免除されるとの事。

VAT抜き価格は267ユーロ(約35,000円)。

Cicli Mattioより少々高いが、ブルベに間に合わせる為にはしょうがない。


注文前にサイズを確認する為、東日本橋にあるASSOS PRO SHOPへ。

⇒「ASSOS PRO SHOP TOKYO

ASSOS PRO SHOP TOKYO


お店の場所はTokyo Wheels東日本橋店のすぐ近く。

ASSOSを取り扱っているのにTokyo Wheels東日本橋店にASSOS製品が
置かれていないのは、このショップが近くにあるからだろうか。

⇒「ブルベでの積載量を増やすべく、FAIRWEATHERのフレームバッグを購入

ショップで実物を手に取ると、超軽量を謳うだけあって本当に軽い。

それなのに生地はしっかりしており、試着してみるとストレッチ性が高くて
着心地がとても良い。

MとLでそれほどサイズ差が無かったのでどちらにしようか少々悩んだが、
試着を何度か繰り返してMサイズに決定。

店員さんに御礼を言ってお店を後にした。


自宅に帰ってからMサイズをポチリ。

送料が16.35ユーロだったので、合計価格は316.35ユーロ(約41,500円)。

先述した通りこれはVAT込み価格なので、後ほど価格は修整される筈。

発注直後に注文受付メールが入ったので、「2週間ぐらいで届けば良いな」と
思っていたのだが、まさかここから2週間以上まったく音沙汰が無いとは。。。


後編へ続く。


⇒「海外通販サイトでサイクルウェアを注文したら色々大変だった話(後編)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する