FC2ブログ

猛暑対策にサイクリング用ステンレスボトルを購入。

夏になると出番となるのがCAMELBAK「保冷ボトル ポディウムチル」

LOOK765HM


なんでも2重構造+保冷素材で通常のCAMELBAKに比べて2倍の保冷性が
あるらしいのだが、真夏になるとあっという間に中身がお湯になってしまう。

その為、ここ最近はコンビニや自販機で冷たいドリンクを補給するようになり、
結局最初から最後までボトルの中身は空と言う事が多い。


そんな中、海外通販サイトDragon Bikeで見つけたこちらのステンレス製ボトル。

⇒Dragon Bike「TOOKTRO SH001 サイクリング用ステンレス製ボトル 2017

ステンレス製ボトル


本体重量が約333gと重いのが少々気になるものの、手頃な価格だったので
どのぐらい保冷効果があるのか試してみようとポチってみた。


そして注文から2週間程で自宅に到着。

ステンレス製ボトル


箱から取り出したところ、ボトルとソフトケース以外に見慣れないものが。

ステンレス製ボトル


100円ショップでも見かけないぐらいの貧相な洗浄ブラシだった。

ステンレス製ボトル


同封してくれた気持ちは嬉しいが、そのままゴミ箱へシュートイン。


フレームとの相性を考えて今回購入したのはBlack。

ステンレス製ボトル


ボタンを押すと。。。

ステンレス製ボトル


蓋がパカっと開いてストローが出てきた。

ステンレス製ボトル


口が広いので問題無く氷を入れる事が出来る。

ただ、ストローの洗浄が少々面倒臭そうだ。

ステンレス製ボトル


そしてボトルの重量測定。


282g。

ステンレス製ボトル


あれ、商品説明にあった333gより50gも軽い。

ステンレスボトルに軽さを求めている訳ではないが、ちょっと嬉しい。


ボトルゲージに装着。

ステンレス製ボトル


数回ボトルを抜き差ししてみたのだが、ボトルゲージの間に若干隙間があり
走行中に段差などでボトルが落ちてしまいそうな気がする。

そこで付属していたソフトケースに入れてボトルゲージに装着してみたところ、
きつすぎず緩すぎずの丁度良いフィット感となった。

ステンレス製ボトル


見た目はイマイチになってしまったが、キズ対策と考える事にしよう。

ステンレス製ボトル


重量とトレードオフしているので、氷を入れた状態でせめて2~3時間は
冷たさをキープしてくれると大変有り難い。


ただ問題はこの猛暑の中、外に走りに行こうと気力が湧くかどうかだが。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

  • 2018/08/03 (Fri) 09:51
    566 #- - URL

    こんにちは
    わたしはボトルよく差し込めずに落としますので、ステンレス製は使っていませんねえ...
    わたしなら確実に落としてヘコむ未来が見えてますものでして
    ちなみに九州も暑くて走る気力が沸きません...

  • 2018/08/03 (Fri) 13:22
    Yo-sukex #- - URL
    Re: タイトルなし

    566さん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    私も今まで重量のあるステンレス製ボトルを購入するつもりは全く無かったのですが、ここ最近の猛暑にやられました。
    確かにステンレス製ですと落とした時のダメージが大きそうですので、気を付けたいと思います(^^)

    まだまだ暑さが続きそうですので、566さんもくれぐれも熱中症にご注意下さい。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する