FC2ブログ

ブレーキを旧アルテ6800から新アルテR8000にアップグレード。

ある日自転車パーツの海外通販情報局サイトを見ていると、タレコミ掲示板に
新アルテR8000のブレーキが送料込み10,500円との情報を発見。

定価が税込15,000円程度なので、だいぶ値段が落ち着いてきたなと思いながら
国内Amazonを確認したところ、海外通販サイトとほとんど変わらない10,868円。

⇒Amazon「シマノ BR-R8000 前後セット

BR-R8000ブレーキ


メーカによると新アルテR8000の特徴は以下の通り。

・アクスル間のスタビライザーにより、変形が減少し制動効率が向上
・自在なコントロールを可能にする滑らかな制動特性
・アーム間のギャップを短縮
・28Cタイヤサイズ対応

現在装着している旧アルテ6800に不満がある訳では無いのだが、新DuraR9100の
設計思想を踏襲した新アルテR8000を試してみようとAmazonで購入する事にした。


さすがのAmazon、いつも通り注文翌日に商品が到着。

BR-R8000ブレーキ


開封。

BR-R8000ブレーキ


シルバーの旧アルテ6800に比べ、黒味が増してなんだかとても洗練された感じ。

また、形状がほぼ新Dura9100。これだけでも買い替えて良かったと思ってしまった。


現在装着している旧アルテ6900リアブレーキはこちら。

BR-R8000ブレーキ


早速換装作業開始。

まずはワイヤーキャップの取り外し。

BR-R8000ブレーキ


ペンチで潰して固定する使い捨てタイプでは無く、再利用可能なタイプなので
ワイヤーの先端がほつれないのでとても便利。

BR-R8000ブレーキ


六角レンチを使ってワイヤー取り外し。

BR-R8000ブレーキ


フレームに固定しているボルトを裏側から緩めて、

BR-R8000ブレーキ


リアブレーキ取り外し完了。

BR-R8000ブレーキ


ここでリアブレーキの重量測定。

旧アルテ6800は170g。

BR-R8000ブレーキ


そして新アルテR8000のリアブレーキの重量は179g。

BR-R8000ブレーキ


新アルテR8000は旧アルテ6800から前後で30g程重くなっているとの事だったので、
このぐらいの重量増は想定の範囲内。


続いてMavic専用ブレーキーシューExalith2の移植作業。

旧アルテ6800からブレーキーシューを外すべく、2mmの六角レンチでネジを
緩めようとしたのだが、ねじ山がなめてしまっていてネジを回す事が出来ない。

BR-R8000ブレーキ


そこで2.5mmの六角レンチで試そうとしたら、今度は六角レンチが大きすぎてねじ山に
差し込む事が出来ない。

なんとか回そうと2mmの六角レンチを斜めに差し込んでみるも、スカスカで手応えゼロ。

2mmと2.5mmの間のサイズの六角レンチはない為、見事に行き詰ってしまった。


ああ困った、またトラブルか。。。

と言うか最初にブレーキシューを取り付けてからまったく触っていないので、
いつの間にねじ山がなめてしまったのか、まったく心当たりが無いのだが。

困った時のGoogle先生という事で、ネットで「六角穴付ボルト なめた」で検索。

するとAmazonで「なめた六角穴付ボルト外しビット」なる商品を発見。

なめた六角穴付ボルト外しビット


このままAmazonで発注しようかとも思ったが、出来れば翌日には走りたかったので
どこかに売っているだろうと、近所のドンキホーテに行ってみるも発見出来ず。

そこでママチャリに乗って毎度お馴染み菅野にあるDIYショップUnidyへ。

BR-R8000ブレーキ


ところがここでも発見出来ず。

やはりニッチな商品なのかと諦めて自宅に帰ろうとしたところ。。。


ネジザウルスを発見。

BR-R8000ブレーキ


少々値段は張るが背に腹は替えられないと、極小サイズ対応のネジザウルス
(1,980円(税抜))を購入した。

BR-R8000ブレーキ


これでダメだったらとんだ無駄足だったと少々不安になりながら試したところ。。。

BR-R8000ブレーキ


簡単に外れた!

BR-R8000ブレーキ


と言う事でようやく外れたExalith2ブレーキシューと、新品Shimanoシューの比較。

BR-R8000ブレーキ


Mavicホイールに変えてから3,000km以上走っていると思うがまだまだ大丈夫そうだ。

こうしてようやくリアブレーキの換装作業完了。

BR-R8000ブレーキ


そしてフロントブレーキも。。。

BR-R8000ブレーキ


リアと同様、フロントブレーキもブレーキシューを固定するネジのネジ山がなめて
しまっていたが、ネジザウルスのおかげで問題無く換装作業完了。

BR-R8000ブレーキ


尚、フロントブレーキの重量は旧アルテ6800が176g。

BR-R8000ブレーキ


そして新アルテR8000は185g。

BR-R8000ブレーキ


フロント・リア合計で18gの重量増となった。

尚、旧アルテ6800の重量測定時は磨耗したExalith2ブレーキシューを装着した
状態だったので、実際はもう少し重くなっていると思う。


この後フロント・リア共にトーイン調整を行い、ようやく換装作業完了。

親馬鹿で申し訳無いが、このアングルから見るとかなり格好良い。笑。

BR-R8000ブレーキ


早速この翌日に荒川CRに走りに行ったのだが、以前に比べて軽い力でブレーキの
効きが良くなった事を実感する事が出来た。

⇒「体調不良の中、R8000ブレーキお試しライドで荒川CRへ

詳細なインプレはまた別の機会に。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する