FC2ブログ

筑波山煩悩ライド~初めての不動峠ヒルクライム~(前編)

ある日ViaggioCCのSNSにメンバーのていじんさんから、筑波山の不動峠
ヒルクライムのお誘いがあった。

⇒公式サイト「Viaggio Cycling Club

ていじんさんは回峰行と称して煩悩(主にポチリ病)を払う為に今年4月から
不動峠108回ヒルクライムに挑まれており、10月時点でなんと107回を達成。

そこで最後の1回を皆で登って、一緒に煩悩を払いましょう!と言うもの。

ところがていじんさんはこの一ヶ月間に2本の高級ホイールを購入されており、
本当に煩悩が払われるかは甚だ疑問だったが(失礼)、不動峠は登った事が
無かった事もあって、喜んでご一緒させて頂く事にした。


朝8時に筑波総合体育館集合だったので、事前にカーシェアを予約して
当日6時半に自宅を出発。

三郷ICまで6月2日に開通した外環道を使えばあっという間なのだが、
高速代をケチるため、同時に開通した一般道の298号線を北上。

筑波山煩悩ライド


それでも今まで40分程かかっていたのが、25分で三郷ICに到着。

これなら余裕で間に合いそうだと思っていたところ、常磐道に入った
途端に今まで見た事が無いぐらいの大渋滞。

まさかと思って交通情報を確認すると、なんと三郷トンネルで4台の
玉突き事故が発生したとの事。

被害状況が分からなかったので申し訳無いが、よりによって週末の
早朝に事故らなくても。。。とイラっとしてしまった。

大渋滞の常磐道をノロノロ走り、7時20分にようやく事故現場を通過。

筑波山煩悩ライド


ここからようやく順調に流れ、土浦北ICから一般道へ降りたのが8時前。

コンビニに立ち寄って朝食を調達してから「少し遅れそうなので先に
出発して下さい」とクラブSNSに書き込んだ。

そして8時20分に集合場所の筑波総合体育館に到着。

筑波煩悩ライド


Viaggioメンバーが見当たらなかったので、先に出発されたんだろうと
ゆっくり支度をしていたところ、駐車場の奥からていじんさんが登場。

同じく参加メンバーのShimaQさんも事故渋滞に嵌ってしまったそうで、
皆さんわざわざ待って頂いていたようだ。

支度を済ませてご挨拶。

筑波煩悩ライド


この日の参加メンバーは、

ていじんさん
しげさん
・NISさん
ShimaQさん
・自分

の5名(順不同)

一通り歓談した後、ていじんさんを先頭に不動峠に向けて出発。

筑波煩悩ライド


この日は暑くも寒くも無く絶好のサイクリング日和。

気持ち良く走っていたら、わずか5分程で不動峠に到着した。

筑波煩悩ライド


不動峠入口近くに青空駐車場があったが、そちらはトイレが無いので
筑波総合体育館の方が集合場所としては便利との事。


ここからいざ初めての不動峠ヒルクライム開始。

事前情報によると不動峠の距離は3.9kmで、平均斜度7~8%程度。

そんなに斜度が無いので大丈夫だろうと、何も考えず先頭で飛び出した。

筑波煩悩ライド


登り始めて一気に高まる心拍数。

そしてすぐに異変に気が付いた。


心拍数がまったく下がらない。


心拍計を忘れてしまった為、数値は不明だが体感で200オーバー。

滅茶苦茶苦しくなって、あっという間にペースダウン。

その横をていじんさん、NISさんに颯爽と追い抜かれた。

NISさんは最近導入されたバロックギア効果か、ハイケイデンスで
ペダルを回しながら気持ち良さそうに登られている。

自分もバロックギアを装着しているのにペースが上がらない。涙。

そしてShimaQさん、しげさんにも追い抜かれてあっという間に最後尾。

筑波煩悩ライド


ここからはゼーゼー言いながら一人旅。

調子に乗って飛ばすんじゃ無かったと心底後悔した。

筑波煩悩ライド


もう少しと言うところで、ていじんさんがおかわりで降りて来られた。

一緒に終盤の急勾配を(自分だけ)ヨロヨロと登ってゴールに到着。

筑波煩悩ライド


後でStravaのタイムを見たら24分オーバー。

やはりペース配分は大事なんだと身を持って痛感した次第。

こうして初不動峠ヒルクライムはほろ苦いデビューとなってしまった。

ていじんさんに「回峰行達成おめでとうございます」と伝えたところ、
なにやら浮かない表情。

話を伺ったところ、どうやら出発地点でスタートボタンを押し忘れてしまい
せっかくの108回目の走行ログを取る事が出来なかったとの事。

「これでは煩悩消えないですね」とていじんさんは苦笑い。

暫し歓談後、次の目的地風返し峠に向けて出発。

筑波煩悩ライド


風返し峠までは表筑波スカイラインを走るのだが、登り一辺倒では
無く多少のアップダウンがあったので精神的にかなり助かった。

先ほどの反省から、最初から無理のないペースでゆっくり走行。

筑波煩悩ライド


そして思っていたより早く風返し峠に到着。

筑波煩悩ライド


以前湯袋峠で風返し峠まで登った時はあんなに遠かったのに。

⇒「初めての600kmブルベBRM519那須600(後編)

やはりグループライドだと時間が経つのが早いような気がする。

全員合流後にこの日の最終目的地であるつつじヶ丘へ。

筑波煩悩ライド


実はつつじヶ丘も今回初めてで、お目当てはガマガエルのオブジェ。

いつか登って一緒に写真を撮りたいと思っていたので、いよいよ実現かと
若干テンションが上がる。

筑波煩悩ライド


ていじんさん、NISさんはあっという間に姿が見えなくなり、登っている途中に
しげさんがダンシングでペースアップ。

途中からはShimaQさんの後ろを走らせて頂いた(無断)

筑波煩悩ライド


それなりの斜度の坂を登りきり、ついにつつじヶ丘に到着。

筑波煩悩ライド


登山客で賑わう中、一直線にガマガエルのオブジェの元へ。

念願の写真撮影。

筑波煩悩ライド


思わず色んな角度で何枚も撮ってしまった。

何故ガマガエルがここに置いてあるのか、経緯はまったく知らないが
なかなかシュールで面白いと思う。

つつじヶ丘でバイクラックにロードを停めて暫し休憩する事に。

筑波煩悩ライド


絶好の山登り日和だったからか、休憩中のベンチからは大勢の
登山者が女体山山頂目指して登っているのが見えた。

筑波煩悩ライド


ここでNISさんからソフトクリームの差し入れを頂いてしまい、大変感謝。

30分程のんびりと歓談し、この後は来た道を下って事前に決めていた
「彩食工房ひるくらいむ」でランチを食べる事に。

クラブSNSをチェックすると、MITさんとりゅうしんさんが用事が済んで
それぞれ筑波山に向かっているとの書き込みが。

どこかで合流出来たら良いなと思いつつ、ダウンヒルの寒さに備えて
用意していたジャケットを着込んだ。


後編に続く。


⇒「筑波山煩悩ライド~初めての不動峠ヒルクライム~(後編)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

関連記事

Comment

  • 2018/10/24 (Wed) 12:17
    しげ #- - URL
    No title

    こんにちは
    先日はお疲れ様でした。久しぶりにお会いできて楽しかったです。
    つつじヶ丘が初だったのは意外でした。
    また、よろしくお願いします。


  • 2018/10/24 (Wed) 14:15
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    しげさん

    こんにちは。
    コメント有難うございます&先日はお疲れ様でした!
    念願の初つつじヶ丘を満喫させて頂きました。

    久々のグループライドとても楽しかったです。
    やはり大勢でワイワイ騒ぎながら走るのも良いものですね。

    こちらこそまた宜しくお願いしますm(_ _)m

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する