FC2ブログ

2018年最後のブルベBRM1027足尾300(前編)。

今シーズン最後のAJたまがわ主催ブルベ「BRM1027足尾300」

⇒「2018年を締めくくる「BRM1027足尾300」のエントリー完了]

AJたまがわのサイトによると獲得標高低めの初心者向けコースと言う事で、
のんびりと紅葉を楽しみながら走れたら良いなと期待しての出走。

前日の天気予報では早朝に多少の小雨が降るものの、それ以降は温暖な
気候で往復路ともに追い風と、絶好のブルベ日和。


ところが当日朝4時半起床して外を見ると、


まさかの強雨。。。orz


一瞬DNSが頭の中をよぎったが、これから回復基調との天気予報を
信じて雨の中5時50分にスタート地点の金町に向けて出発した。

ところが出発直後からどうもキーキー音がなる。

停車して確認するも、まだ日が昇っておらず暗くて良く分からない。

とりあえずスタート地点についてから調べる事にした。

そして6時15分にスタート地点の金町に到着。

BRM1027足尾300


90名弱がエントリーしている筈なのに、この雨のせいか参加者は少なめで
ブリーフィング開始直前の受付にも関わらず、ウェーブ0の7時スタート。

BRM1027足尾300


周囲の参加者を見渡すと、これまでのブルベでお見かけした顔がちらほら。

今年4回目のAJたまがわブルベなので、段々顔ぶれを覚えてきたかも。

6時半からブリーフィング開始。

BRM1027足尾300


直前でのコース変更は無し。

ただ、最終版のQシートに昨年のQシートデータが貼ってあったので、
間違えないようにと注意喚起があった。

その他にはPC2までは大型トラックが多いので集団は3名までを心がける事、
DNFはPC2推奨、粕尾峠の下り道が荒れているので注意などの説明があった。

また、やはりこの雨でかなりの数(半分以上?)がDNSとの事。

AJたまがわスタッフの方が恒例の「ブルベ初参加の人ー?」と尋ねたところ
誰も手を挙げず、どうやら今回は全員ブルベ経験者の模様。


ウェーブ毎に車検を済ませていよいよ出発。

Look765HMは以前出走したBRM623神流川300とまったく同じ装備。

BRM1027足尾300


ただ前回の反省から、雨対策としてレインジャケットとシューズカバーを装着。

ちなみに自宅出発直後に発生した異音はリアブレーキシューがホイールに
接触していたせいだったので、簡単に直す事が出来て良かった。


スタート地点からPC1までは江戸川沿いを走る距離51.3kmの平坦区間。

BRM1027足尾300(Start-PC1)


この区間は以前試走しているので、コースは把握済み。

⇒「BRM1027足尾300一部試走(Start-道の駅さかい、PC5-Goal)

スタート直後は集団になりがちだが、車の追い越しの邪魔にならないように
前を走るランドヌールから10m以上距離を開けて走るように心掛けた。

BRM1027足尾300


小雨が降る中、追い風に乗って順調にPC1に向けて北上。

以前の試走で大渋滞していた境大橋はこの雨の影響か、空いていたので
そのまま車道を走行した。

BRM1027足尾300


こうして9時1分にPC1「セブンイレブン 古河下辺見店」に到着。

BRM1027足尾300


ここまで51kmを2時間1分とかなり良いペース。

Close時間は10時33分なので、1時間32分の貯金。

スタート地点にいたAJたまがわスタッフの方々が何故かPC1にいて到着した
参加者たちに「お疲れ様です!」と声掛けされていた。

後で分かったのだが、どうやらシークレットチェックに向かう途中だった模様。

PC1ではオニギリ1個とピルクルを購入。

幸いにも雨が止んで暑くなってきたので、ここでウィンドブレーカーを脱いだ。


次のPC1-PC2区間の距離は49.3km。

BRM1027足尾300(PC1-PC2)


獲得標高は121mなので、ほぼ平坦区間と言って良いと思う。

9時15分にPC1を出発してPC2を目指す。

BRM1027足尾300


なんか見覚えのある道だなと思ったら、以前谷口湖ライドで走った道だった。

⇒「渡良瀬緑地にある谷口湖ハートマークライドに行ってきた

渡良瀬川を渡るこの橋を通るのもその時以来。

BRM1027足尾300


暫くすると辺り一面草原の区間に。

ここでも何度も大型トラックが追い越していくので注意して進む。

BRM1027足尾300


354号線から11号線に入り、栃木市内へ。

BRM1027足尾300


この区間は何気に信号峠。

速度を上げても次の信号で引っかかってしまう為、出来るだけ赤信号に
引っかからないように次の信号を意識して速度を調整。

また、大型ショッピング店が左右に立ち並び、いわゆる巻き網漁の如く
突然左折する車が多かったので、車のウィンカーを見落とさないように
注意した。

この区間では前方2名、後方1名のランドヌール。

信号で追いついた際に「お疲れ様です」と声を掛けたのだがまったくの
無反応だったので、きっと聞こえなかったんだろうと思う事にした。


市街地を抜けて長閑な住宅街へ。

BRM1027足尾300


先ほどまでどんより曇っていた空に、ようやく晴れ間が見えて来た。

遠目に山々が見え、これからあの山のどれかに登るのかと気合が入る。

BRM1027足尾300


こうして11時23分にPC2「ファミリーマート 鹿沼粟野町店」に到着。

BRM1027足尾300


スタート地点からPC2までの走行距離は100.3km、PC2のClose時間は
13時40分なので2時間17分の貯金。

PC2ではドリンクのみ購入して5分程の休憩でさっさと出発。

AJたまがわスタッフの試走情報によると、PC2周辺に美味しい蕎麦の
お店があるそうなので、粕尾峠に登る前に立ち寄るのが狙い。


続いてのPC2-PC3の距離は69.4kmで、いよいよ今回のブルベメインと
なる標高1,100mの粕尾峠越え。

BRM1027足尾300(PC2-PC3)


PC2から粕尾峠頂上までわずか33.5km。

つまりこの区間に限って言えば、獲得標高が「距離 x 33m」となる。

後で思い知る事になるが、事前に粕尾峠の情報は仕入れておくべきだった。


とりあえず蕎麦のお店を探しながら粕尾峠に向けて出発。

BRM1027足尾300


目の前に広がる壮大な景色。

また、川のせせらぎに鈴虫の音が重なり合ってとても心地良い。

BRM1027足尾300


走り始めて10分が過ぎた頃だろうか。


ふと我に返り、ある事に気が付いた。


蕎麦屋さん何処!?


うろ覚えながら、PC2から6~7km地点に道の駅のような場所があって
そこで美味しい蕎麦が食べられるとあったのにまったく見当たらない。

やはり事前に場所を確認しておかなかったのは失敗だった。

BRM1027足尾300


すると途中で「田舎そば さか家」の看板を発見。

BRM1027足尾300


お目当てのお店では無いが、ようやくランチを食べる事が出来ると
意気揚々と3km先のお店へ。

BRM1027足尾300


お店に到着して敷地内に入ってみると、ロードバイクを停められる場所は
皆無で、他のランドヌールの姿は1人も見当たらない。

食堂の入口も良く分からなかったので、なんだか面倒臭くなってしまい
まだ先にもお店があるかもしれないと早々にお店を後にした。

結論から言うと結局この後お店は見つからず、


空腹のまま粕尾峠を越える事に。


序盤は清流が流れる川沿いの平坦な道を上流へ。

BRM1027足尾300


すると次第に緩やかな上り坂となっていくのだが、このペースで1,100mUPは
絶対にありえないので、油断は禁物。


BRM1027足尾300


すると思っていた通り、急坂区間に突入。

フロントをバロックギアに落としてえっちらえっちらと着実に登る。

BRM1027足尾300


何がキツイって、どんなに登っても永遠に続く登り坂。

途中数名に抜かれたものの、自分と同じペースのランドヌールはいなかったので
後ろを気にする事無く、自分の遅いペースを守って登れたのは良かった。

途中斜度が緩む場所があったので、FDをアウターに上げようとしたところ何故か
FDが動かない。

前日充電したのに何でだろうと不思議に思ったが、今はインナーで問題無いので
後で見てみようと、とりあえず気にしない事にした。

BRM1027足尾300


汗だくになりながら登り続け、PC2から27km地点に「山ノ神 バソガロロ」の
看板を通過(写真失念)

するとすぐ先の自販機の場所でシークレットチェック。

BRM1027足尾300


次に自販機があったら絶対休憩しようと思っていたのでラッキーだった。

自販機で購入した冷たいコーラを飲んでほっと一息。

休憩中にAJスタッフの方と談笑しながら、この先の情報を聞いたところ
暫くは急勾配の坂が続くものの、頂上付近は斜度が緩むとの事。

スタッフの方々に「頑張って!」と元気を貰ってライド再開。

果たしてこの延々に続く粕尾峠を無事越える事は出来るのだろうか。


後編に続く。


⇒「2018年最後のブルベBRM1027足尾300(後編)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

  • 2018/10/31 (Wed) 10:58
    566 #- - URL

    こんにちは
    朝はそんなに雨だったんですねー
    最近意思の弱いわたしなら二度寝しそうです(笑)

    ここからああなって、ああなるんですね(笑)
    後半も楽しみにしておりますー

  • 2018/10/31 (Wed) 12:16
    しげ #- - URL
    No title

    こんにちは
    朝の雨が嘘みたいにメチャクチャ晴れてますね。
    自分は、シークレットを見つけると不意に出現したオアシス状態で嬉しくなります。\(^o^)/
    続き楽しみにしてます。

  • 2018/10/31 (Wed) 12:57
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    しげさん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    今回朝の雨以外はとても快適で走っていて気持ち良かったです。
    登りでぜーぜー言っている最中のシークレットはまさにオアシスでした(^^)

    一本道にも関わらずシークレットを設置したのは「ここで休んで!」と言う
    AJたまがわスタッフの方々の優しさだったのかもしれません(^^)

  • 2018/10/31 (Wed) 13:25
    Yo-sukex #- - URL
    Re: タイトルなし

    566さん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    コメント返信した筈が何故か消えてしまっているので再送ですm(__)m

    私も朝起きて外を見た時はかなり心が揺さぶられてしまいましたが、
    今シーズン最後でしたので頑張って自宅を出発しました。
    結果的に雨はすぐ上がったので良かったです(^^)

    それにしてもこの粕尾峠はなかなかの強敵でした。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する