FC2ブログ

Pioneerのパワメ用カラーキャップ(おにぎり)を装着すべく3DCADに初挑戦。

サイクルモード2018でゲットしたPioneerのパワメ用カラーキャップ。

⇒「サイクルモード2018に行って来た(機材編(前編))

サイクルモード2018
*通称「おにぎり」

自分は4iiiiパワメユーザーなので、Pioneerのパワメを購入する予定は
無いのだが、これをなんとか自分のLook765HMに装着したい。

そこで色々なサイトを検索するも、有用な情報はヒットせず。

思っていた以上におにぎりだけ装着しようと考える人は少ないようだ。
(おにぎりだけ装着するなんてダサいというカキコミは見つけた。笑)


そんな中、購入を検討していた楕円クランクAbsolute Blackの情報を
検索していたら、たまたま「リアクト400人柱日記」と言うブログを発見。

Absolute Blackのインプレと共に、おにぎりの装着方法が紹介されていた。

⇒リアクト400人柱日記「アブソリュート ブラック 楕円チェーンリングインプレ

こちらのブログのおかげでようやく取り付けのイメージが出来た。

そこで近所のDIYショップで物色するも、一番厚さの薄いアルミ板でも
切断加工するのに道具が必要となり、かなり面倒臭そうだ。

また、おにぎり側とクランク側のアダプタを溶接する為の道具を揃える
のも現実的で無い。

と言う事でせっかくイメージ出来たのに形にする事が出来ない状況。


・・・ここである事が閃いた。

以前eTrex 30xをEdgeマウントに装着出来るアダプタを購入したのだが、
それはサイト管理者がご自身で設計されたオリジナル商品。

⇒「ブルベ定番のGPSナビeTrex 30XとEdgeマウント用アダプタを購入

つまり、3DCADでデザインしてオリジナルのおにぎり装着アダプタを
作ってしまえば良いのでは無いかと。

問題は3DCADは勿論、2DCADさえもこれまで触った事が無い事。

DMM.makeで手書きイラストを3Dデータに変換してくれるサービスを
見つけたが、なんと5万円以上するらしい。

DMMmake


もちろんそんな予算は無い為、今回3DCADに初挑戦する事にした。

まずはフリーの3DCADソフトが無いかネットで検索。

すると思っていた以上に多くのフリーソフトがある事が判明。

【決定版!】無料で使える高機能2次元・3次元CADソフトまとめ

今回複雑な機能は必要ないので、この中から子供/初心者向けと
紹介されていた「TinkerCAD」と言うソフトを使ってみる事にした。

⇒公式サイト「TinkerCAD

TinkerCAD


プラウザベースなのでソフトをダウンロードする必要が無く、
どのPCからでも作業出来るのがとても便利。

また、一部メニューは日本語表記が可能。

操作方法はこちらのサイトで勉強させて頂いた。

⇒3Dプリンター入門「Tinkercad の基本的な使い方


まずはおにぎりの寸法計測。

3DCAD


計測結果はこちら。

3DCAD


TinkerCADでまずは3本の棒を作成し、計測した長さに合わせて
ボルトを通す3mmの穴を開けた。

3DCAD


それぞれの穴が重なりあうように、3本の棒の位置調整。

3DCAD


三角形の内側を埋めた後、クランク側のアダプタとボルトで
接続する為の幅4mmの縦穴をあけた。

3DCAD


縦穴にしたのは装着時におにぎりの位置が調整出来るように。

その後新たに棒を作ってクランク側のアダプタを作成。

3DCAD


3DCADソフトの操作方法を覚えるまで少々手間取ったものの、
基本的に丸と四角の組み合わせだけなのでなんとか形になった。

この後サイズを微調整してプロトタイプのデータが完成。

完成したデータをSTL 形式のファイルに出力してDMM.makeのサイトに
アップロードすると造形可能かチェックが入り、OKであれば発注可能。

⇒DMM.make「3Dプリンターサービス

アップロードしてから数分後に無事に造形可能とメールが入ったので、
とりあえず発注してみる事にした。

素材は一番安い「ナイロン ナチュラル(白)」をチョイス。

料金は送料込みで760円程度だった。


そして1週間後に自分の設計したおにぎりアダプタが到着。

おにぎりアダプタ


開封。

おにぎりアダプタ


自分で設計したとは言っても、3DCADデータ上だけの話だったので
こうして実際に出来上がった製品を目の前にするととても嬉しい。

と言っても本当に穴の位置が合っているか少々不安。

そこで早速組み合わせて見る事に。


ちなみにおにぎりとアダプタを繋ぐボルトはこちらのM2.6 x 6mm。

おにぎりアダプタ


ユニディに置いてなかったので、仕方なくAmazonで購入。

ボルト自体は300円もしないのに送料込みで800円だった。。。orz


と言う事で、おにぎりとアダプタをボルトで固定してみた。

おにぎりアダプタ


気になる裏側はと言うと、見事穴の位置がピッタリ!

おにぎりアダプタ


これには思わず自画自賛。笑。

ただクランク側のアダプタがペラペラで少々頼りない。

おにぎりアダプタ


そこで耐久性を上げるべく、設計改良したクランク側アダプタがこちら。

3DCAD


データをDMM.makeにアップして再度発注したら、今度は5日後に到着。

おにぎりアダプタ


すぐにでも試したいところだが、実は先日海外通販サイトで楕円クランク
「Absolute black」をポチってしまった。

そこでAbsolute blackの到着を待って、一緒に装着する事にした。


装着編に続く。


⇒「Absolute blackと一緒にPioneerのパワメ用カラーキャップ(おにぎり)を装着


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する