FC2ブログ

2019BRM406いわき600完走の代償としてLook765HMが入院。

先日完走した2019BRM406いわき600。

⇒「2019BRM406いわき600しぶとく完走!

ブルベ終盤にリアディレイラーを巻き込んで折れてしまったスポーク。

Look765HM入院


そして手で強引に戻したディレイラーハンガー。

Look765HM入院


このままでは走れないので、ブルベ後にいつもお世話になっているサイクルショップへ
修理をお願いしたい旨をメールで連絡。

するとつい最近自分と同じようにディレイラーハンガーが曲がったまま走行して
リアディレイラーが巻き込まれてしまいショップに持ち込んだお客さんがいたとの事。

その時はスポーク4本、ディレイラーハンガーに加え、なんとリアディレイラー本体の
交換が必要になったそうだ。

eTapリアディレイラーは単体で10万円近いので、もし交換となると大きすぎる痛手。


店長が紹介してくれたディレイラーハンガー折れ(曲がり)を検証したサイトがこちら。

⇒「ディレーラーハンガー(ディレイラーハンガー)折れの原因とは?

サイトの動画「検証③ディレーラーハンガーが内側に曲がり、スポークにディレーラーの
プーリープレートが引っ掛かり巻き込まれるとどうなるか」がまさに自分の状況。

速度が出ていたらリアディレイラーがもぎ取れていたのかと思うとぞっとする。

いずれにせよ状態を見てもらう必要があるので、ブルベ翌週末にサイクルショップへ。

Look765HM入院


今回も開店時間の9時半に合わせて訪問したので一番客。

早速店長が状態を確認してくれた。

Look765HM入院


一通り診てもらった感じではリアディレイラー本体の交換は必要なさそうとの事で一安心。

補修部品をメーカから取り寄せてからの修理となる為、このままLook765HMの入院が決定。

宜しくお願いしますとLook765HMをサイクルショップに預けて帰路に着いた。

すると翌日サイクルショップからメールが送られてきた。

Look販売代理店へディレイラーハンガーを発注しようとしたら、国内で正規販売店から
購入したものなら販売出来るが、海外通販で購入したものは販売出来ないと断られたとの事。

そこで国内正規販売店で購入したのであれば、保証書を画像で送って欲しいとの事だった。

「え!?今更!?」と思ってしまったのだが、自分のLook765HMフレームは海外通販で購入して
こちらのサイクルショップでパーツ乗せ替えを依頼したもの。

⇒「海外通販サイトで発注したLOOK765HMフレームセットが到着!

⇒「LOOK765HMが遂に納車!

そういえばフレームを海外通販で購入した事は店長に言っていなかったかもしれない。


それにしてもこのネット時代になんという殿様商売。

別に保証対応を求めている訳では無く、小さなパーツを単品購入したいだけなのに。

ネットで探して自分で購入しても良いのだが、それでは届くまで時間がかかりすぎる。

そう言えばLook765とLook765HMはフレーム形状が同じなので、ディレイラーハンガーも共通の筈。

そこで店長に「以前御社で購入したLook765用という事にして発注出来ませんか?」と相談。

⇒「LOOK 765 2017年105MIXモデル⇒フル105化にして購入!!

結果としてディレイラーハンガーの発注に成功、3日後には到着するとの連絡があった。

但し本当にLook765用として発注したのかは不明で、店長が代理店と交渉してくれた可能性も。


その後eBayで34.99ドル/個で販売しているのを見つけて予備として2個発注しておいた。

⇒「eBay/Look 765 Bicycle Derailleur Hanger - 13034


Look765HMは順調にいけば今週末に退院予定。

ただ、入院費用がまだ分からないので、どれだけかかるか少々心配。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する