FC2ブログ

2019年のGWは近場ライドに2回行って来た。GP5000のファーストインプレッション。

10連休と言う事で色々話題になった今年のGW

実は今年のGWは奄美大島に旅行に行こうと2ヶ月前にJALの特典航空券を予約したのだが、
その直後に奄美大島及び周辺の島のホテルがほぼ満室になっている事が判明。

2ヶ月前にも関わらず残っているのは一泊5万円を超える高級ホテルと格安ゲストハウスのみ。

これはダメだと諦めて結局払い戻し手数料6,200円を払い、泣く泣く特典航空券をキャンセルした。

その後GW中のニュースで奄美大島が大雨と知って溜飲が下がったのはここだけの話。


という訳で今年のGWは遠出せずに近場で済ませる事になり、2回ライドする事が出来た。

最初の1回はGW序盤の4月29日。

3時間ほど時間が取れたので、旧江戸川CR~葛西臨海公園~荒川CRを走る定番コース。

9時過ぎに自宅を出発して江戸川CR合流後、行徳橋を通過。

2019GWライド


右手では橋の架け替え工事がだいぶ進んでいる。

ただ看板に今年5月末完工予定とあるが、本当に後1ヶ月で完成するのかは少々疑問。

この後は旧江戸川沿いの一般道へ。

2019GWライド


記事が前後するが、ライド前日に変速性能改善の為にチェーンキーパーを装着。

⇒「変速性能改善の為にWishbone「FDアダプター」とWickwerks「Sentinel(センチネル)」を導入

江戸川CRに合流したところで恐る恐るフロントをインナーからアウターに変速してみたところ、
なんとなんなく一発で成功。

その後も何度も試したのだが、これまで悩んでいたのが嘘のようにサクサク変速するようになった。

これは凄いと感動しつつも、これならもっと早く導入すれば良かった。


旧江戸川沿いは道中至るところでつつじが咲いていてとても華やか。

2019GWライド


ほんの1ヶ月前は桜が満開だったのに、季節の移り変わりは本当に早い。

⇒「楕円チェーンリングRediaお試しライドに行ってきた


そう言えば以前立ち寄った公園のつつじが綺麗だった事を思い出して立ち寄る事にした。

その公園は旧江戸川沿い、東京都江戸川区にある「なぎさ公園

MAPはこちら(この日のStrava走行ログから抜粋)

2019GWライド


なぎさ公園に到着すると、予想通りほぼ満開のつつじが綺麗に咲いている。

2019GWライド


曇っていたのが少々残念だったが、色彩豊かな写真が撮れて満足。

2019GWライド


そしてなぎさ公園から10分程で葛西臨海公園に到着。

2019GWライド


西なぎさレストハウスで休憩していたところ、ViaggioCCのしげさんTsuyoさんが登場。

2019GWライド


ViaggioCCのSNSでお二人が葛西臨海公園に向かわれていた事は知っていたのだが、
まさか短い休憩時間の間にお会い出来るとは思っていなかったので驚いた。

この後荒川CR左岸を北上されるとの事だったので途中までご一緒させて頂く事に。

ところがフロント変速を試しながら走っていたらインナー側にチェーン落ちしてしまった。

「すいません、チェーン落ちです」とお二人に待って頂いて状況を確認。

チェーンキャッチャーを指で押してみると、破損防止なのか素材が柔らかく弾力性が有り、
チェーンに押されて出来た隙間にチェーン落ちしてしまったようだ。

2019GWライド
*しげさんの写真を拝借m(_ _)m

自宅に帰ってからチェーンキャッチャーの位置を微調整しようかなとも思ったのだが、
結果としてGW中の2回のライドでチェーン落ちしたのはこの一回だけだった。

尚、Tsuyoさん(左側)は葛西臨海公園に到着される前にスローパンク(?)されたらしく、
自分がチェーンを直している間に手動ポンプで空気を入れられていた。

この後お二人と荒川CR左岸を途中までご一緒させて頂き、途中で離脱して帰路に着いた。

2019GWライド


この日の走行距離は40.2km。

2019GWライド


しげさん、Tsuyoさんご一緒させて頂き有難うございました。


そしてGW中2回目のライドは最終日の5月6日。

この日はブルベを除けば久々に100kmライドする事にした。

とは言っても特にコースを決めず、まずは江戸川CR右岸を北上する事に。

朝8時半に自宅を出発していつもの市川橋からスタート。

2019GWライド


追い風の中江戸川CR右岸を走って30分程でみさとの風ひろばに到着。

2019GWライド


ここから関宿城を目指すか迷ったが、利根運河経由で手賀沼方面へ。

利根運河をのんびり走っていたら沢山の鯉のぼりを発見。

2019GWライド


以前も見た光景だったので記事を見返したら2年前。

⇒「新サドルを試すべく100kmライド(江戸川CR~利根川CR~利根運河CR)

当時の装備を見るとなんか色々懐かしい。

その後利根運河を離脱して手賀沼方面へ。

地図を見ずに適当に道を選んでいたら、田んぼ地帯に入ってしまった。

2019GWライド


後でStravaを確認したのだが、利根運河から手賀沼へは素直に7号線を選択すべきだった。

2019GWライド


こうしてなんとか手賀沼に到着。

どうしてここに設置したのかいつも不思議な手賀沼沿いの一人用チェア。

2019GWライド


ここからは手賀川CRを東に走って佐倉を目指し、

2019GWライド


印旛沼を経由して、

2019GWライド


佐倉ふるさと広場に到着。

風が強かったので風車の羽が今まで見たことの無い速い速度で回っていた。

もう風で倒れてディレイラーハンガーが曲がるのは本当に勘弁して欲しいので、
かなり慎重にLook765HMを立て掛けてからの写真撮影。

2019GWライド


この日は天気が良かった事もあって佐倉ふるさと広場は多くの人で賑わっていた。

レンタサイクルを借りている人がとても多かったのが印象的。

この時点で走行距離が90kmを超えていたので、いつもの296号線経由で帰路に着いた。

2019GWライド


この日の走行距離は112.3km。

2019GWライド


タイヤをGP5000に替えてから始めてのロングライドだったのでファーストインプレッションを。

⇒「タイヤを「Continental GRANDPRIX5000(25C)」に交換

比較対象はPIRELLIのZERO VELO 4Sで、空気圧は前後とも7.0Bar。

⇒「タイヤを「PIRELLI(ピレリ) ZERO VELO 4S」に交換

まず転がり抵抗だが、ZERO VELO 4Sよりも明らかに小さくなったと実感出来た。

ペダルにトルクをかけるとグイグイ進んでくれるのでなかなか気持ち良い。

ただ問題は振動吸収性。

前モデルのGP4000に比べ硬さは改善していると聞いていたが、実際に走ってみると
これまで経験した事が無いぐらい地面の凹凸がダイレクトに腕に伝わってくる。

ライド翌日に二の腕が筋肉痛になったのは初めての経験。

空気圧を6.5Barまで下げてみて暫く様子を見たいと思うが、正直この硬さは想定外だった。

グリップ力と耐パンク性能についてはもう少し使い込んでからレビューしたいと思う。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

  • 2019/05/09 (Thu) 11:21
    しげ #- - URL
    No title

    こんにちは
    先日はお会いできて嬉しかったです。
    待ち構えてた(笑)のかと思ったら、偶然だったんですね。

    タイヤですが、触った感じはもっちりしてて柔らかそうと好印象だったのですが、やっぱり硬いんですね。
    と言う事は、これも高寿命っぽいですね。4000S2も耐摩耗、耐パンク性能(サイドカット除く)はピカイチだったので期待できそう?

    また、どっかでお会いできたら、よろしくお願いします。

  • 2019/05/09 (Thu) 13:09
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    しげさん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    もしかしたら荒川CRですれ違うかなと思っていたのですが、葛西臨海公園でお会い出来て良かったです。
    GP5000はGP4000に比べると振動吸収性が高いそうなのですが、実際に乗ってみてあまりの硬さにGP4000ってどんだけ硬いんだ!と思ってしまった程です(^^;)
    転がり抵抗が低くて速度を維持するのはとても楽でしたので、後は耐磨耗、耐パンク性に期待したいと思います。

    また機会ありましたら是非ご一緒させて下さい(^_^)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する