FC2ブログ

Apple認定整備済製品 第6世代iPod touch 64GBをゲット。

2016年10月に購入した「第6世代iPod touch 32GB」

⇒「Apple認定整備済製品 第6世代iPod touch 32GBをゲット

主な用途は通勤時に音楽を聴いたり、動画を鑑賞する事。

また、ブルベでは骨伝導ワイヤレスヘッドホンと繋げて音楽を聴く事で眠気対策に。

⇒「骨伝導 ワイヤレスヘッドホン「Aftershokz」を購入

3月に出走した雨のブルベ2019BRM303大洗・銚子300ではお蔭でなんとか睡魔に教われず
最後まで走りきる事が出来たのだが、翌日起動させようとしたところ何故か電源が入らない。

ネットで検索して色々試したのだが、そのままご臨終となってしまった。


すぐに新しいiPod touchを購入しようと思っていたら、ネットニュースで新型iPod touchが
3/20に発表されるかもしれないとの情報を入手。

⇒「新型iPod Touchは3月20日に発表?iPad、iMacに続きアップル新ハード登場のうわさ

このタイミングで旧型を買うのはさすがに情弱過ぎるだろうと新型発表を待つ事にした。

この間は通勤時に音楽を聴くのは諦め、電車の中ではiPad miniで動画を鑑賞していたのだが、
ふと画面が暗くなると自分の顔が反射して写ってしまい動画にまったく集中出来ない。

そしてiPod touch無しで出走したブルベ2019BRM406いわき600は睡魔に襲われて大変だった。

⇒「2019BRM406いわき600しぶとく完走!


それでも新型iPod touchの発表を


今か今かと待っていたのだが、


気付いたらGWが終わってた。。。



これはもう当分出ないと判断、次のブルベ2019BRM511石廊崎400までに購入する事に。

そしていつも通りApple認定整備品済製品をチェック。

32GBでは容量がギリギリだったので、64GBにしようと思っていたらブルーのみ在庫があった。

⇒「Apple iPod touch整備済製品
iPodTouch


発売当時36,800円(税抜)だったのが23,600円(税抜)と、なかなかお得な価格設定。

ブルーは初めてで少々違和感はあるが、見分けやすいかもしれないと購入する事にした。


と言う事で商品が自宅に到着。

iPodTouch


整備済製品と言ってもアクセサリーは全て同梱されており、新品同様。

iPodTouch


実物は上品なブルーで全然悪く無い、と言うか個人的にかなり気に入った。

iPodTouch


以前スマホをiPhoneSEからiPhoneXsに機種変した時に感動したのだが、iOSで同期している
デバイスをかざすだけのクイックスタート設定が本当に便利。

iPodTouch


iPhoneXsをiPod touchにかざすと、ほぼ全自動で設定が完了した。


翌日通勤時に電車の中で2ヶ月ぶりにiPod touchで動画を鑑賞。

iPad miniの大きな画面に慣れてしまって、iPod touchの小さな画面では物足りないと
感じるのでは無いかと心配していたのだが、



やはりこのサイズ感が丁度良い。



iPad miniでは他の乗客に画面が丸見えだが、iPod touchなら気にする必要が無い。

そして画面が暗くなっても顔が一部しか写りこまないのは個人的に本当に有り難い。

これでようやく快適な通勤ライフに戻る事が出来た。


こうして復活したiPod touchを持参して臨んだブルベ2019BRM511石廊崎400。

⇒「2019BRM511石廊崎400に挑戦中

実は何度も睡魔に襲われてそのたびに仮眠を余儀無くされたのだが、その理由は
また当日の記事で。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する