FC2ブログ

TUMIのカバンの持ち手がボロボロになったので修理に出した。

普段の通勤カバンはTUMIの「アルファ エクスパンダブル」モデル。

TUMI


TUMIの通勤バッグは入社以来これが3代目で、2014年に購入したもの。

街中に溢れている有名ブランドなので面白みは無いもののやはり使い勝手が抜群。

別のブランドに浮気をした事もあるのだが、自分は結局TUMIに戻ってきてしまう。


ただTUMIの機能性と耐久性には大変満足しているのだが、以前からある不満があった。

それは、持ち手の革の部分があっという間にボロボロになると言う事。

TUMI

TUMI


原因はカバンを持つ際に2つの持ち手の革の部分同士が擦れる為。

TUMI


実は先代のTUMIも先々代のTUMIも持ち手の革がボロボロになったので買い替えた。

今回もそろそろ買い替え時かなとも思ったのだが、持ち手以外はほとんどへたっておらず
まだまだ使える状態なのでなんだか勿体無い。

そこでgoogleで「TUMI 持ち手 修理」で検索してみたところ、様々な修理店サイトがヒット。

やはりTUMIの持ち手の革の修理を依頼する人は多いようだ。

出来ればカバン直接持ち込み出来る近場のお店にしようと検索キーワードに「千葉」を追加。

すると「夢工房 市川店」と言うお店を発見。

⇒「夢工房 市川店 オープンしました

お店の場所は京成国府台駅から徒歩5分。

⇒「夢工房 市川店


早速週末土曜日にママチャリでお店に行ってみた。

TUMI


店内に入るとカウンターにはサイトでスーパーウーマンと紹介されていた女性店員さん。

カバンを見せて修理を依頼したところ「工場に送って修理するのとお店で修理するケースが
ありますが、どちらにされますか?」と尋ねられた。

工場修理の場合は納期は1ヶ月~1.5ヶ月。お店修理では納期7日~10日程度。

ただしお店で修理する場合は持ち手の革を全て交換するのではなく、ボロボロになった箇所に
新たに別の革を巻く修理方法になるとの事だった。

1ヶ月以上もカバンが使えないのは不便なので、「お店での修理」を選択。

前払い制で料金は3,500円(+税)と、比較的リーズナブルだった。

翌週末には受け取れるかなと思っていたら、なんと4日後の火曜日に修理完了の連絡があったので
たまたま診察で午前休にしていた翌水曜日にカバンを受け取るべく再度お店を訪問。

⇒「鎖骨骨折の術後経過診察の為に3ヶ月ぶりに病院へ

TUMI


修理後がこちら。

TUMI


見た目がどうなるか少々心配していたのだが、元々の縫い目に合わせて縫われている為、
違和感はまったく無い。。。というかむしろ購入時からこうだったかもと錯覚する程。

TUMI


しっとりとした革なので持ち心地もかなり良い。

TUMI


「夢工房 市川店」のスーパーウーマン店員さんの迅速で丁寧な仕事に大変満足。

近所にこういったお店があって本当に良かった。

お蔭様でこのカバンとはまだまだ長い付き合いになりそうだ。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する