FC2ブログ

SR獲得に向け背水の陣で臨んだ2019BRM1019検見川200(後編)

PC2手前までの前編はこちら。

⇒「SR獲得に向け背水の陣で臨んだ2019BRM1019検見川200(前編)

10km先のPC2「セブンイレブン銚子犬吠崎店」に向けてライド再開。

BRM1019検見川200全体


暫くして潮の香りがしてきたなと思ったら、景色が開けて銚子港が現れた。

2019BRM1019検見川200


ブルベで銚子を訪れるのはこれで5回目ぐらいだが、大利根川橋の西側を走るのは今回初めて。

道沿いには多くの海鮮料理屋が並んでおり、お店の前を走り過ぎる際に「良かったらどうぞー!」
と何回か声を掛けられたのだが、後から考えればここで昼飯を食べれば良かった(後述)

途中で銚子港のシンボル銚子ポートタワーの横を通過。

2019BRM1019検見川200


PC2まで後少しと言うところで犬吠崎へ寄り道する事にした。

と言ってもほぼコース沿いにあるのでタイムロスは殆ど無いのだが。

2019BRM1019検見川200


観光客で賑わう犬吠崎灯台をバックに写真撮影。

2019BRM1019検見川200


さすがに灯台を登る元気は無かったのですぐに退散。

せっかくなので犬吠駅にも立ち寄ってみた。

2019BRM1019検見川200


電車が見れるかなと期待したのだが、人がまばらで来る気配がしなかったので諦めた。

こうして13時24分にPC2「「セブンイレブン銚子犬吠崎店」に到着。

2019BRM1019検見川200


スタート地点からPC2までの走行距離は114.7km。

PC2のClose時間は15時40分なので2時間16分の貯金。

この日は朝から固形物を食べていないので、さすがにお腹が空いて来た。

ただやはりコンビニ飯は味気ないので、途中で昼ご飯を食べようとPC2を出発。




続いてのPC3「ローソン横芝光役場前店」までの距離はわずか36.6km。

2019BRM1019検見川200(PC2-PC3).


勝手知ったるドーバーラインのアップダウンを越えれば後は平坦基調。

この区間は正直余裕だと思っていたのだが、実は今回のブルベで一番ツライ区間だった。

PC2出発直後、ドーバーラインに入る急坂が新しくなっていて鬼畜度アップ。涙。

2019BRM1019検見川200


そしてドーバーラインへ。

2019BRM1019検見川200


ここからは予想していた通り向かい風だが、思っていたよりは風が弱いので助かった。

ただやはりドーバーラインのアップダウンにジワジワと脚が削られる。

途中で2名のランドヌールに追い抜かれ、あっという間に姿が見えなくなってしまった。

まあ自分の場合これがいつもの光景なのでまったく気にしない。

ドーバーラインを過ぎた後はそこらじゅうで沢山の風車が回っている平坦区間。

2019BRM1019検見川200


途中でなんか見覚えがあるなと思ったら、以前つくば600で自主休憩したコンビニを発見。

と言う事でここから暫くは以前走った道。

2019BRM1019検見川200


この区間は平坦で信号が無いので、ペダルを回し続ける必要がある所謂「ローラーブルベ」。

途中で両太腿の裏側が痙攣し始めたと思ったら、今度はふくらはぎと太腿の内側が痙攣。

これはまずいとロードに乗ったまま両足をストレッチするも、筋を刺激したのか余計痛くなる始末。

適度に休憩を入れれば良かったのだが「PC3はもうすぐ」とそのまま頑張ってしまった。

ほとんど停車出来ずバテバテになりながらも15時28分にPC3に到着。

2019BRM1019検見川200


スタート地点からPC3までの走行距離は151.3km。

PC3のClose時間は18時4分なので2時間36分の貯金。

脚はかなり消耗しているが、これだけ貯金があれば完走は間違い無い。

ところでお気づきだろうか。

どこかで昼飯を食べようとPC2を出発した訳だが、結局飲食店を見つける事が出来ず、


何も食べずにPC3に到着。


いつもの補給下手をまたやってしまった。

やはり事前に立ち寄るお店を調べておくべきだった。

さすがにハンガーノック気味で力が入らないので、PC3でブリトーを購入して遅めの昼食。

PC3で念入りにストレッチしてからいよいよゴールを目指す。

PC3からゴール地点までの距離は53.0km。

2019BRM1019検見川200(PC3-Goal).


出来れば日没前に明るい市街地へ辿り着きたい。

ピクピクと痙攣しそうな脚をかばいながら頑張ってペダルを回す。

2019BRM1019検見川200


だが空一面曇りだった事もあり、日没前からどんどん暗くなっていき、

2019BRM1019検見川200


結局市街地に辿り着く前に辺り一面真っ暗になってしまった。

2019BRM1019検見川200


そして17時30分を過ぎたあたりでまた雨が降り始め、気温がぐっと下がって体が冷えてきた。

下手に休憩を入れたら寒さで体が動かなくなりそうだったので、兎に角頑張って進む。

ふとeTrex30xを見ると、17時56分時点でゴールまでは10.7km。

2019BRM1019検見川200


もし18時30分までにゴール出来れば、認定タイムが10時間半を切る事になる。

別に速くゴールする事を目指してはいないが、せっかくなのでペースを少し上げる事にした。

ところが残り8kmを切り、市街地に入った辺りから無念の信号峠。

2019BRM1019検見川200


最後の直線14号線で挽回しようとペダルを回すも、何故か速度が上がらない。

もしかして。。。と後輪のタイヤを触ってみたら空気圧が減っている事に気が付いた。


そう、


まさかのスローパンク。


残り3kmを切った時点で10時間半切りは諦め、安全にゴールする事を優先する事にした。

舗装道路で水が綺麗だったので、洗車を兼ねて積極的に水溜りを走行。笑。

こうして18時34分に無事ゴール。



AJ千葉スタッフの方に「来年も宜しくお願いします」と挨拶をしてからヨロヨロと新検見川駅へ。

疲れきった身体でロードを輪行袋に納めて総武線で帰路に着いた。

2019BRM1019検見川200


こうして背水の陣で臨んだ2019BRM1019検見川200はなんとか認定完走。

昨年に引き続き、今年もSRを獲得する事が出来たのは素直に嬉しい。

ただ今回事前準備不足に加え、久々のブルベと言う事もあって心の余裕はほとんど無かった。

あれだけ貯金があったのだから、もっと寄り道して楽しめば良かったと言うのが反省事項。

・・・って毎回同じ事を言っているような気がするので、来年こそは是非。


後日発表されたリザルトは以下の通り。

エントリー:124
DNS:83
DNF:2
完走:39

やはりDNS率がとても高い。

自分もSRがかかって無かったら自宅でぬくぬくと過ごしたかった。笑。


最後に、

参加されたランドルーヌ/ランドヌーズの皆さん、AJ千葉スタッフの方々本当にお疲れ様でした!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

Comment

  • 2019/10/29 (Tue) 12:09
    しげ #- - URL
    No title

    こんにちは
    2年連続SR獲得おめでとうございます。
    そしてお疲れさまでした。
    ドーバーライン懐かしいです。春にご一緒しましたよね。
    土砂降りで景色が全く見えなかったので、もう一度行ってみたい気もします。

    初心者向けとは言え、DNS率がすごいですね。
    気温低めの雨辛いですもんね。

  • 2019/10/29 (Tue) 14:55
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    しげさん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    色々ありましたが今年も無事にSR獲得出来て良かったです。
    ドーバーラインは確かに晴れていると景色が良くて走っていて気持ち良いです。
    銚子を通るブルベですともれなくドーバーラインが付いてきますので、
    しげさんもきっとまたブルベで走る機会がありそうです(^^)

    あの天気ですとDNS率が高いのはしょうがないですね。
    雨が止んだ後も寒くてレインジャケットを脱ぐ事が出来ませんでした。
    来年こそは晴れ男になるよう切に願っています。笑。

  • 2019/10/29 (Tue) 21:23
    MIT #- - URL

    2年連続でのSR! 流石です
    ノートラブルでの完走と思いきやスローパンクに見舞われるとはやはりブルベは簡単ではないんですね(*_*)
    でもチューブレスだからこそスローパンクで済んだんでしょうね

  • 2019/10/30 (Wed) 11:12
    Yo-sukex #- - URL
    Re: タイトルなし

    MITさん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    なんとか今年もSR達成出来ましたが、最後の一本が200で本当に良かったです。
    これがもし400とか600だったらと考えるとぞっとします(^^;)

    チューブレスのスローパンクですが穴の大きさにもよると思うのですが、
    段々と空気が抜けてまともに走れるのは5kmぐらいかなといったところです。

    今回はそのままゴールまで辿り着けたので良かったですが、自宅に帰ってから
    パンク修理しようとしたらタイヤがまったく外れませんでした。涙。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する