FC2ブログ

Fizikのショートノーズサドル「Tempo Argo R1」を海外通販サイトで購入。

現在使用しているサドルはAstuteのショートノーズサドル「Timelite VT」

⇒「Astuteのショートノーズサドル「Timelite VT」を海外通販サイトで購入

Timelite VT


最近も海外通販サイトでAstuteのサドルがたびたび投げ売りされているなと思ったら、
なんとイタリアで破産法の適用を受けて事業停止になっているとの事。

ViaggioCCのしげさんがブログ記事にされていたので以下ご参照m(_ _)m

⇒ロードバイク好きの独り言「Astute社が事業停止だそうです。バカ安なのでポチ。。

自分はAstuteのStarlite VTでサドル沼を脱出する事が出来たので事業停止はとても残念。

⇒「某オークションでサドルAstute Starline VTを落札。届いた商品がなんと。。。

ただ実はショートノーズサドルに変えてからまたサドル沼に嵌ってしまっている。

現在使用しているTimelite VTで600ブルべを完走しているので、決して合っていない訳では
無いのだが、以前のStarlite VTに比べると坐骨痛の発生が早い。

⇒「2019BRM406いわき600しぶとく完走!

本来であればサドルをStarlite VTに戻せば良いだけなのだが、一度ショートノーズサドルに
慣れてしまうと通常のサドルはどうも見た目が野暮ったく感じてしまう。


と言う事で、前置きが長くなったがFizikが昨年10月に発売したばかりのショートノズルサドル
「Tempo Argo R1」を海外通販サイトCicli Mattioで購入した。

Tempo Argo R1


国内リリース記事は以下の通り。

⇒シクロワイアード「フィジーク ARGO エルゴノミックデザイン採用の新作ショートノーズサドル


--以下記事から抜粋---
「TEMPO ARGO」はショートノーズサドルながら快適性を重視したモデルで、
人と競わずエンデュランスライドなど自転車を楽しむ目的にマッチした設計を採用している。

リラックスした気軽なライドを楽しむライダーは、レーサーに比べ骨盤が起きた
ややアップライトなポジションが多く、サドルの中央付近に荷重がかかる傾向にある。

そこでサドルの中心から後方にかけて、やや厚く(約2mm)低圧縮で柔らかい
「タイプ2フォーム」を新たに採用。

レーシングサドルで採用されるタイプ1フォームに比べクッション性が高く、
ロングライドなどで圧倒的な快適性をライダーに提供してくれる。

ノーズ部分もフラットな形状とされ、安定性とクッショニングを重視した設計となっている。

---ここまで---

週末ライド(たまにブルべ)がメインの自分にとって、まさに理想の謳い文句が並ぶ。

国内価格は23,760円(税込)。

年末商戦でCicli Mattioが割引クーポンを発行していたので、100ユーロ以上購入対象の
20ユーロ割引クーポンを活用して、

129.26ユーロ≒15,800円(122円/ユーロ換算)だった。

Tempo Argo R1

サドル幅は150mmと160mmの2種類の中から150mmをチョイス。

ポチったのが昨年12月31日で自宅に到着したのがなんと1月6日。

年末年始を挟んでいるのにも関わらず、わずか7日間で到着して驚いた。

Tempo Argo R1


ただサドルが箱に入っているとは言え、緩衝材ゼロか。。。

開封。

Tempo Argo R1


台紙に189ユーロと書かれたシールが貼っており、189ユーロ≒23,000円で国内価格と
ほぼ同額(≒23,760円(税込))になるので恐らくこれは海外定価。

台紙の裏には商品スペックが数か国語で書いてあり、その中に珍しく日本語もあった。

Tempo Argo R1


恒例の重量測定。

公称重量195gに対し、実測199gとなかなか優秀。

Tempo Argo R1


と言うか見た目だけだと250gぐらいあるんじゃ無いかと思うぐらいの重量感があるので
この見た目で200g以下は驚異的。

ちなみに今まで使っていたAstute「Timelite VT」(実測203g)よりも軽い。


指でTempo Argo R1のパット表面を押してみるとかなりのクッション量で柔らかめ。

特にサドル後方のクッション量が多く、平らな場所に置くと後方に倒れてしまう程。

Tempo Argo R1


この今までに無いクッション量がロングライドで吉と出るか凶と出るか。

ダメだった場合に備えて外箱は綺麗に保管しておく事に(弱気)


サドル換装前。

Tempo Argo R1

Tempo Argo R1


サドル換装後。

Tempo Argo R1

Tempo Argo R1


見た目はAstute「Timelite VT」の圧勝だなと思っていたのだが、遠目から見てみると
黒一色のFizik「Tempo Argo R1」もこれはこれでなかなか渋くて格好良い。

Tempo Argo R1


早速今週末にでも江戸川CRへサドルお試しライドに行って来よう。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

Comment

  • 2020/01/17 (Fri) 11:59
    しげ #- - URL
    No title

    こんにちは
    新しいサドル合うと良いですね。
    パッドが厚くて、ロングで良さそうですね。

    うちには昨日、Astuteのサドルが到着しました。
    今のサドル合ってるのに、見た目が欲しくて買うっていう愚行を犯してる気がします(^_^;

  • 2020/01/17 (Fri) 13:03
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    しげさん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    正直見た目はイマイチですが機能性重視で選んでみました。
    発売したばかりだからか商品レビューがほとんど無いのが不安です(^^;)

    しげさんもサドル到着されたんですね。
    私はSkyliteがダメでStarliteが合っていたので、しげさんは逆パターンかもしれません。

    お互いニューサドルがお尻に合うと良いですね(^_^)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する