FC2ブログ

【閉店】大黒家@カツ丼並

京成本八幡駅すぐそばにある「大黒家」で休日ランチ。

断腸亭日乗で有名な作家、永井荷風が晩年足繁く通った日本料理屋

亡くなる前日もこのお店に来ていたとか。

永井荷風はこのお店に来ると必ず上新香、日本酒一合(菊正宗)とカツ丼を頼んでいた
という事で、今ではこの組み合わせを「荷風セット(1,500円)」として提供している。

お店に入ると、当時永井荷風を接客した看板女将から「いらっしゃい」の一言が。

この瞬間、昭和にタイムスリップ。

カウンター席、テーブル席、座敷があるが、この日はテーブル席が満席だった為、
座敷へ案内された。

テーブル席は中年の男性一人客が大半を占めていたが、確かに一人でブラっと
来るには良いお店。永井荷風気分が味わえる。

カツ丼並(840円)を注文。

大黒家@カツ丼

以前上カツ丼(1,300円)を頼んだ事があるが、何故か並の方が美味しい。
入れ物の違い(上カツ丼は重箱、カツ丼並は丼)が味に影響しているのかもしれない。

ゆったりした時間が流れる店内で、瓶ビールを飲みながら永井荷風が愛したカツ丼を食した。

---2017年7月追記---

本当に残念ながら、2017年6月末に閉店。

⇒「アド街ック天国でも紹介された地元有名割烹料理店「大黒家」が閉店

-------------------
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する