FC2ブログ

ごはんや元@あぶり豚丼

市川駅前に移転した「市川ウズマサ」の後にオープンした「ごはんや 元」で夕食。

元々、市川ウズマサがオープンする前は、松元飯店という中華料理のお店だったらしく、
その松元飯店の娘さん二人が市川ウズマサ移転に伴い、始めたお店との事。

ここで提供するあぶり豚丼は市川ウズマサの店主から引き継いだメニューとの事で、
いつか食べに来ようと思っていたのだが、入口ガラスドアの目線の高さがスリガラス
になっており中の様子が分からない為、入るのに躊躇してしまっていた。

この前昼過ぎにお店の前を通った際、子供連れの若い夫婦がお店から出てきたので、
これなら大丈夫かなと思い、今回初訪問。

お店に到着し、ガラスドアのスリガラスの下からチラッとお店の中を覗き込むと、
足が見えたので、数組お客がいるようだ。

ドアを開けると、カウンター席に2組の熟年カップルが。


。。。と思ったら姉妹店員2名がそれぞれ常連の男性客の隣に座って
接客していた事がすぐに判明。

女性客がお店に入った我々をまじまじと凝視するので何事かと思ったら、
コンマ数秒後に「何名様ですかー、奥へどうぞー」と言われ、そこで初めて
店員さんだったんだと気づきビックリした。

完全禁煙のお店なので、女性客を意識した明るいお店で、姉妹店員2名が
テキパキと接客をしていると勝手に想像していた為、まるで場末のスナックの
ような雰囲気にびっくりしてしまった。

兎に角、奥のテーブル席に座り、ビールとツマミを注文。

ツマミ関係は250円と350円の小鉢が数種類有り、非常にリーズナブル。

このお店でちゃんと作っていると思われる料理はどれも家庭的な味付けで
美味しかった。

締めに「あぶり豚丼(680円)」を注文。

ごはんや元@あぶり豚丼

あぶり豚は柔らかく、味付けも適度な濃さでなかなか美味しい。
確かに以前市川ウズマサで食べた豚丼に味が近いような。。。うろ覚えだが。

常連客の一人が店員に向かって「ここって女性客来るの?男だけでしょ?」と
大声で聞いていたが、「女性2人客とかも来ますよー」と答えていた。

豚丼以外にも、魚料理やスープカレーなどランチに適したメニューがあったので、
恐らくこのお店は昼と夜で客層が全く異なるんだと信じたい。

とは言え、次回昼に来るかは微妙。

決して立地が良いと言えないので、常連客を大切にするのは理解するけど、
お店の立ち位置や接客方針が良く分からなかった。

ただ、料理は美味しかったし、一見客の我々に対する接客は丁寧だった。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する