FC2ブログ

麺バル 3×3(サザン)@ラーメン白 胸焼けするラーメン

2015年12月29日にオープンした市川駅南口傍の「麺バル 3×3(サザン)」で夕食。

入口が階段の踊り場に位置し、お店に入って階段を上がると厨房とカウンター席、
階段を下りるとカウンターとテーブル席という変わった造りになっている。

地下に案内され、カウンター席に座ってメニューを見ると「麺バル」を謳っているのに
一品料理が全然無い。

正確に言うと無い訳では無くて、ラーメンのトッピング類を小皿に乗せたタパスと
日替わり黒板メニューがあるのだけど、バルを謳うほどのサイドメニューは無かった。

黒板がカウンター席から見えなかったので店員に確認すると、ビーフシチューが
売り切れたので、ポテトサラダのみとの事。

この時点でもうラーメンだけで良かったんだけど、意地になってそのポテトサラダと、
タパスで角煮を注文。

ポテトサラダは具がゴロゴロで食べ応えがあったが、ニンニクがかなり入っており
自分にはちょっと合わなかった。

メニューの中から「ラーメン白(塩) 650円」を注文。

麺バルサザン@塩ラーメン

お洒落な丼に入っているが、視覚効果で量がとても少なく見える(麺は150g)

早速スープを飲んでみると、驚くほどの背脂が浮いており、コッテリしすぎて
塩ベースのスープにまったく合っていない。

同じ背脂系の「なりたけ」は脂ギタギタでも大丈夫だが、ここのラーメンは
食べ進めると途中から胸焼けし始めた。

なんとか麺と具を完食し、早々に退店。

麺バルサザン@外観

オープンしたばかりでこれからメニューが増えるかもしれないが、現段階では
「麺バル」では無く、普通のラーメン屋。

「麺バル」を謳っているので、女性客も見込んでいると思うがこのラーメンは
完全に若い男性向けで、ちょっとチグハグな印象。

また、地下は窓が無い為非常に閉塞感があり、自分は少し苦手な空間だった。

さらに厨房は2階にあるのでラーメンを作っているところが見えないのも
気になった。

まだお店の方向性を模索中と言った感じだが、ラーメンに注力するのか、
もっと一品料理やお酒を充実させるのか、うまくバランスを取っていかないと
どっちつかずの中途半端なお店になってしまうように感じた。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する