FC2ブログ

QC20iが購入後1年半で故障! 新モデルへ有償交換!

2015年2月に秋葉原のヨドバシカメラで31,500円(税込)で購入した「QC20i」

QC20


通勤や出張時にと、ほぼ毎日使っていたのだが、ある日突然左耳側のイヤホンから
音が出なくなった。

メーカ保証期間は1年間だが、購入後1年半が経過している為、有償修理となる。

こんな事なら延長保証申し込んでおくべきだったと後悔したが、これ無しの生活は
考えられない為、翌日金曜日の会社帰りに秋葉原の「BOSEダイレクトストア」へ。

店員さんに事情を説明したところ、確かに左耳側の音が出ないという事で修理では無く、
有償交換になると言われた(QC20iは修理対応していない模様)

交換費用は15,120円(税込)で、新品価格の約半額。

以前QC3からQC25へ有償交換した際も新品の約半額だったので、同じような値段設定。


そこで有償交換をお願いし、店員さんが手続きを進めている間に店内を物色していたら、
2015年6月26日にモデルチェンジした新型QC20iが展示されていた。

モデルチェンジと言っても、新カラーを採用し、付属品やリモコンの仕様を変更するなどした
だけで、性能はそのまま。

ただ、どうせ有償交換するならこの新モデルに交換出来ないか店員さんに聞いてみたところ、
17,280円(税込)で可能との事。

2,000円ぐらいの差額だったので、新モデルへの有償交換をお願いした。


6日ほど経って、代引きで到着。

簡易梱包で、新品に付属するキャリングケースは付属せず。

新型QC20i外箱

旧モデルはグレー一色だったが、新モデルはグレーとブルーのツートンカラー。
電源の入切部分もブルーで、入切が一目で分かるようになった。

地味ではあるが、良い改良点だと思う。

新型Qc20i本体

早速使用してみると、旧モデルに比べ、新モデルの方がノイズキャンセリングが
若干自然になったような気がするが、気のせいかな?


保証期間が切れているにも関わらず、新品の約半額で交換してくれるBOSEの
アフターサービス体制には大変満足。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する