FC2ブログ

魂麺@稲庭中華そば 初めて山西店主に遭遇。

とある休日の昼下がりに本八幡南口近くの「魂麺」でランチ。

お店に入ると食券機が故障中との事だったので、カウンターに座り口頭で
稲庭中華そば(780円)を注文したのだが、厨房に山西店主がいる事に気が付いた。

過去10回以上来ていると思うが、山西店主を見たのはこの日が初めて。

雑誌で見る姿と違い、髪はボサボサで髪先が緑色に染まっていた。

山西店主は常連さんと話に夢中になっており、女性スタッフが調理を始めたが、
どうも手元が覚束ない。

途中途中で山西店主にこれで良いのかとレシピを確かめていた。

その後4人組みの常連さんが入店。
食券機が壊れていた為、常連さんが山西店主におススメを聞くと「裏メニューで
稲庭中華そばの冷やしがありますよ」との回答。

常連さんにしか出さないメニューがあるのかとガッカリしつつも、その常連さんの
調理は山西店主が担当。

自分のラーメンの調理も途中から山西店主が引き継いだ。

稲庭中華そば(780円)

魂麺@稲庭中華そば

スープは以前に比べ、椎茸の風味が強くなってより美味しくなっていると思う。

麺はうどんと素麺の中間といったヌルヌル食感で相変わらず美味しい。

ただ以前も述べた通り、そもそもあの女性スタッフは普段調理を任されて
いるのだろうかとか、常連と一見客で変わる店主の態度とか、この日も
料理以外で色々と気になってしまった。

魂麺@外観
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する