FC2ブログ

【閉店】登竜門 市川真間店@濃厚担々麺 美味しいが色々と突っ込みどころ満載のお店

自分が子供の頃から営業していた持ち帰り専門焼き鳥屋が潰れ、
その跡地に2015年12月にオープンした「登竜門 市川真間店

お店の前を通る度に行列が出来ているので気になっていたのだが、
オープンから一年以上経っての訪問。

12時前で行列一組2名。
お店の外にあるイスに座りしばし待つ。

店内から2名のお客さんが出て来たので、自分の前で待っていた2名が店内へ。

そこから5分程待つと、店内から一人客が出てきたので、入れ替わりで店内に
入ると、席が2つ空いていた。。。。

厨房から並んでるところ見えるんだから、ちゃんと案内してよ。。。

店内は相当狭く、カウンター6席のみ。

コック姿の男性と、西アジア系の女性(奥さん?)の2名体制。
どうやら女性が麺を茹でて男性が盛り付けを担当しているようだ。

口頭で「濃厚担々麺(880円)」を注文。

麺は、細麺・太麺・平打ち麺の中から選べるシステムで、細麺でお願いした。

沖縄・那覇に本店を構えるラーメン店の2号店らしく、店内のBGMはモンゴル800。

メインは担々麺だが、那覇めし準グランプリ受賞したという「ティーダトマトラーメン」、
「塩ラーメン」や「醤油ラーメン」などもあった。

10分程待って着丼。

登竜門@濃厚担々麺

オーソドックスな見た目だが、丼中央の肉味噌がなかなかボリューミー。


張り紙に書いてある通り、最初によく混ぜてから麺を食べる。

細麺と言いつつも、自家製麺という事で、それなりに太さのある麺。

ツルツルとした食感ではなく、ワシワシと食べ応えがある。

スープは「ゴマ・花山椒・ラー油の風味が香る自信作☆」という事だが、
スープに溶けた肉味噌・ナッツと風味が相まってなかなか美味しい。

辛さは控えめだったので、卓上の自家製ラー油と花椒を投入し、自分好みに調整。

総じて美味しかったのだが、沖縄の2号店が何故市川?女性スタッフの正体は?
なんでこんな狭いお店にしたの?スープや自家製麺何処で仕込んでるの?(2階?)
などなど、突っ込みどころ満載のお店だった。


以前撮ったお店の写真。

この日は中休みでCloseしていた為、今回はリベンジでの訪問。

登竜門@外観


多彩なメニューで、大盛り無料。

登竜門@看板

あの狭い厨房でこれだけ色々提供出来るのは凄い。


市川真間駅前の担々麺屋「登竜門」が閉店。なんと海外出店を計画中との事。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する