FC2ブログ

海外通販サイトChain Reaction Cyclesでサドル「Fizik Kurve Bull Aluminium」を購入。しかし交換する羽目に。。。

現在使用しているサドルは「Fizik Ariante gamma

Fizik Arione versus」からの乗り換えで、それなりに満足していた。

ただ、「パット無しでも100km走れる!」という程では無く、クッション量が多めの為、
低反発マットに座っている感じで、坐骨に圧迫感を感じるのが気になっていた。

その為、Look765購入したタイミングで、サドルの交換を検討する事にした。

「世界で最も革新的なサドルメーカー」を謳う新興メーカ「Fabric」も検討したが、
結論として題名通り「Fizik Kurve Bull Aluminium」を購入。


何故なら


ありえないぐらい安かったから。


ブラックフライデーに「Wiggle」「Evans Cycles」「Chain reaction cycles(CRC)」を
チェックしたのだが、定価29,100円(税抜)の「Fizik Kurve Bull」がCRCでなんと


驚きの10,715円


本日(2016年12月13日)時点で13,536円まで上がっているので、結果として
過去最安値レベルだったと思う(円高の頃はもっと安かったかもしれないが)

小一時間悩んだ末に「この価格ならお尻に合わなくても売れば元が取れる」
と自分を納得させ、ポチってしまった。

11月25日に購入し、TRAKPAKなるサイトから発送連絡があったのが11月29日。

その後の配達状況は以下の通り。

25/11/2016 18:32:13 DEPARTED Chain Reaction Cycles Ltd
29/11/2016 13:43:54 TRAKPAK PROCESS CENTRE UK
30/11/2016 06:22:00 ROUTED TO DESTINATION
07/12/2016 15:32:00 TRANSFERRED TO PARTNER CARRIER
09/12/2016 02:01:00 ARRIVED AT DELIVERY DEPOT
09/12/2016 15:41:00 DELIVERY ATTEMPTED - CARD LEFT
09/12/2016 22:23:00 DELIVERED

注文から到着まで14日間かかった。
金曜日に帰宅すると日本郵便の不在通知が入っていた為、郵便局留めを
お願いして、22時過ぎに郵便局へ受け取りに行った(窓口は24時間対応)

荷物を受け取ると、何故かカチャカチャ音がする。

嫌な予感がしたが、家に帰ってとりあえず開梱。

Fizik Bull外観1

Fizik Bull外観2

カチャカチャ音がした原因が判明。

「Fizik Kurve Bull Aluminium」はTUNERと呼ばれる部品により、座面の張り具合が
調整可能となっているのだが、このTUNERが入っている小箱が壊れて開いていた。

Fizik Bull4箱崩壊

ダンボール内で散乱しているTUNER。

Fizik Bull部品散乱

これだけなら許容範囲内なのだが、サドルを見ると、恐らく擦れによる
キズがロゴ周辺に付いており、どんなに拭いても取れない。

Fizik Bullこすり傷

性能には関係無い為、妥協するか/交換するかかなり悩んだが、
中古品を購入した訳では無いし、そもそも緩衝材一切無しの梱包が
ありえなかったので、CRCのカスタマーセンターに写真を添付して
交換したい旨をメールした。

CRCは日本語対応しているという情報があったので、日本語で送った訳だが、
翌月曜日に送付されてきたメールは以下の通り(原文ママ)

---Quote---
メールありがとう。

あなたのサドルに問題がありますと申し訳ありません。弊社のウェブサイトから完全な保証書と共に検査のために返送してください。返品された商品は、きれいで、衣服を含めた検査に適していなければなりません。 保証書をダウンロードするには、ここをクリックしてください。当社の保証ポリシーの詳細については、こちらをクリックしてください。 (あなたができない場合は、フォームをダウンロードする必要はありません。細部がページ上にあるので、そこから処理することができる返品された注文があります)。 あなたの商品を受け取ったときにお知らせし、問題を解決するために必要な次のステップについて説明します。 保証は譲渡不可能であり、元の購入者のみに適用されます。購入の証拠は、すべての潜在的な保証請求と共に必要です。保証対象品目が保証請求の有効性を確認された場合、郵便料金はRoyal Mail First Classの送料で返金されます。 英国以外のお客様は、できるだけ地域の郵便サービスを利用する必要があります。大きな商品や高価な郵便料金の場合は、追加オプションについてはお問い合わせください。 あなたの主張を迅速にするために私たちは努力しており、結果と次のステップについてあなたに知らせる予定です。
---Unquote---


何だこの不自然な日本語は。


明らかに自動翻訳。

最初の「メールありがとう」でマジかと思ってしまった。

とりあえず返品しなければいけない事は分かったので、かなりの面倒臭さを
感じつつも、ネットで情報を漁り、書類を準備。

必要なのは

CRCの返品/交換フォーム
Invoice(日本郵便のHPからダウンロード)
③CRCの領収書
④EMS梱包袋/EMS伝票(郵便局窓口でもらえる)

①については返品理由を「9. Damaged item and damaged parcel」とし、
Commentに「Product is scratched partially because of the poor packing」
と記載した。

②は記載内容に少し戸惑ったが、備考欄は「無償 その他」。
その下に「Returned Goods, Failed Sale」と記載(この記載が無いと関税がかかり、
CRCが受け取り拒否するケースがあるらしい)

内容品は「Saddle for Bicycle」とし、その下に商品名を記載した。
正味重量はCRCの梱包箱に0.6kgと書いてあったので、そのまま記載。

郵便物番号は郵便局窓口でもらうEMS伝票に記載されているNoの為、
未入手の場合は空欄。

という訳で、サドルと①②③を持って、郵便局へ。

窓口で「EMSで荷物を送りたいんですが」と言えば、何を送るのか聞かれた上で
EMS梱包袋とEMS伝票を渡してくれる。

EMS伝票に「依頼主、届け先、内容品」を記載。
CRC送付先の「BT39 0EE」は郵便番号なので注意。

また、EMS梱包袋にも「Returned Goods, Failed Sale」の記載を忘れずに。


①、③をEMS梱包袋に同梱、②は郵便局員へ手渡し。


送料は2,200円だった。


さて、CRCからどんな連絡が来るか。


購入から到着まで14日間かかった事を考えると、年内に交換品到着は
難しいかもしれない。

続報
⇒CRCから交換品送付メールが来た。 そして信じられない光景が。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

Comment

  • 2016/12/14 (Wed) 15:34
    mucha #- - URL

    うーむ、残念でしたね。そういうものが届いたとは。
    もしかしたら税関で開封した時にそのようなことになったのですかね?以前に見たのはフレーム頼んで傷だらけのものが来たので取り変えろ!って言ったら3割引のクーポン渡すからどうよ?っていうのがあったとは見たことあったなぁ

  • 2016/12/14 (Wed) 17:52
    Lifegoeson #- - URL
    No title

    >muchaさん

    週末に間に合ったと喜んでいただけに非常に残念でした。
    ささいな擦り傷なので、ちゃんとCRCが認めて交換に応じるのか、クリスマスシーズン突入で対応が遅れるのではと、不安の種は尽きませんが、粘り強く交渉したいと思います。サドルならまだしも、キズだらけのフレームが届いたら憤慨ものですね。それを割引クーポンで済ませようとするとは。。。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する