FC2ブログ

CRCから交換品のサドルが到着した!状態をチェック!

これまでの記事

⇒海外通販サイトChain Reaction Cyclesでサドル「Fizik Kurve Bull Aluminium」を購入。しかし交換する羽目に。。。

⇒CRCから交換品送付メールが来た。 そして信じられない光景が。

---
関宿城往復コースから戻ってきた日の夜に佐川急便から荷物が到着。

何処からだろうと不思議に思っていたら、なんとCRCからだった。

12月19日に返品したサドルがCRCに到着したのを確認しているので、
今回はなんと6日間で届いた事になる。

最初に購入した時は14日間かかった事を考えると、返品交換要求に
対して迅速に処理され、速達で送ってくれたようだ。

まさか年内に再び手にする事が出来るとは思っていなかったので、
嬉しい誤算。

でもまだ喜ぶのは早い。

今度は擦り傷が無い事を祈りながら、ダンボールを開梱。

Bull開梱

前回と異なり、サドルがきちんとビニール袋で包装されている。

箱から出してみた。

Bull開梱2



ん?



なんかおかしいぞ。


ビニール袋から出してみた。

Bull開梱3



サドルの台紙が折れ曲がってる。



イギリス人にはこの状態でまたクレームが来ると言う発想は無いのか。

これも商品の一部と考える人だっていると思うのだけど。


一通りサドルを確認したところ、綺麗な状態だったのでようやく一安心。

最初にサドルを注文したのは11月25日だったので、ちょうど一ヶ月で
解決となった。

妥協せずにCRCへ返品交換を申し入れて本当に良かったとしみじみ思う。


ただ、同封されていたレシートをみると、日本からの返送料金について
一切触れられていない(つまり返金されていない)

12月22日に送った問い合わせメールに対する返事も来ていない。

CRCのHPには、

---Quote---
返送料金は返金できかねます。
ただし、商品の返品理由が弊社のエラーである場合に限り(例、商品が
破損して到着、商品誤配送や欠陥商品など)、スタンダード配送料金
のみ返金させて頂きます。
---Unquote---

と記載されているので、今回は返金されるケースだと思うのだが。

もう一度フォローしてみるが、場合によっては、返送料金2,200円は
諦めるしか無いかもしれない。

⇒サドルをFizik Kurve Bull Aluminiumへ交換。 30km程試走。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する