FC2ブログ

田町 大人のハンバーグ@大人のハンバーグSサイズ 美味しいけども割高

慶應仲通り近くの「田町 大人のハンバーグ」で平日ランチ。

都内5店舗のチェーン店だが、この田町店が本店との事。

階段を降りて店内に入ると、1席だけ空いていたカウンター席に案内された。

ランチメニューは以下の通り。

レギュラーハンバーグS(130g) 990円
レギュラーハンバーグM(180g)1,290円
レギュラーハンバーグL(250g) 1,890円

大人のハンバーグS(130g)1,200円
大人のハンバーグM(180g)1,500円
大人のハンバーグL(250g)2,100円

目玉焼きとレッドチェダーチーズが付く「大人のハンバーグS(130g)」を注文。

その際、ソースの種類(和風にんにくorデミグラス)とご飯の量を聞かれたので、
「デミグラスソース、ご飯は普通」でお願いした。

ランチタイムは前金制との事で、その場で1,200円を現金払い。

店内は厨房1名、ホールスタッフ1名の2名体制。

カウンター席の目の前が厨房だったので、調理の様子を見ていたが、
お店の売りである溶岩プレートで丁寧にハンバーグを焼き上げていた。


10分弱で料理が運ばれてきた。

大人のハンバーグ@Sサイズ

スタッフの方から「ソースはかけずにハンバーグをつけて食べて下さい」と
言われたが、鉄板が熱々な為、間違ってソースをかけると蒸発して勢い良く
飛び散ってしまうと思うので要注意。

ハンバーグを箸で割ってみると、中まで程よく火が通っている。

事前情報では中はレアという口コミがあったが、個体差があるのかもしれない。

大人のハンバーグ@Sサイズ2

溶岩プレートの遠赤外線効果でハンバーグは最後まで熱々。

細かくミンチされた肉はとても柔らかく、肉自体の味を感じる事が出来たし、
卵の黄身やチェダーチーズと相まって普通に美味しかった。

ただ、一般的な成人男性にとって130gのSサイズハンバーグは明らかに量が少ない。

Mサイズにすると1,500円なので、サラリーマンのランチとしてはやや割高。

大人のハンバーグ@外観

店先には

TBS「王様のブランチ」1位
グルメ雑誌「めしとも」1位
TV東京「ありえへん世界」1位

で3冠達成!!と大きくPRされている。

いつの話なのか、何の順位なのか知らないが、あまり意味の無い賞なので、
PRするのは止めた方が良いのでは。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する