FC2ブログ

筑波山近郊にあるキノコ山、不動峠ヒルクライム 超激坂に見事撃沈⇒その後不動峠では無く風返し峠だった事が判明。

今年はブルベに挑戦したいと思っており、色々情報収集しているのだが、
ブルベイベントを主催するAJ千葉のHPでBRM1014千葉200km(浦安)を発見。

千葉ブルペ

自宅から近い浦安がスタート/ゴール地点で、難易度は5段階中2の初心者向けコース。

コースを見てみると筑波山近郊で2回のヒルクライムが組み込まれているのが気になった。


という訳で、下見してみようとつくば駅まで輪行して筑波山ヒルクライム。

7:28 本八幡
 ↓  総武線
7:33 西船橋
7:39 西船橋
 ↓  武蔵野線
7:58 南流山
8:08 南流山
 ↓  つくばエクスプレス
8:38 つくば

当日は7時に本八幡駅に到着。

輪行1

前回の教訓から自宅で何度か練習したのだが、何度やってもファスナーが閉まらない。

シャポー前で悪戦苦闘しながら20分かけて輪行袋へ収納。

なんとか間に合った。

輪行2

電車は空いており、乗り換えも順調で予定通り8:38に「つくば駅」へ到着。

つくば駅

輪行袋からLook765を取り出し、9時過ぎに出発。

出来るだけブルベコースを走ろうと思ったのだが、筑波山までは「つくばりんりんロード」を活用。

つくば駅からりんりんロードまでは20分程度。

廃線を利用したサイクリングロードと聞いていたが、ひたすら直線なので驚いた。

りんりんロード01

車止めで自転車を下りる必要が無く、一般道と交差する場所には車が来ているか
どうか確認出来るミラーが完備されており非常に走りやすい。

ただ、ずっと平坦で景色が変わらないので、退屈と感じる人もいるかもしれない。


しばらくして筑波山が見えてきた。

りんりんロード2

今からあの山を登るのかと気合が入る。


道中で以前テレビ番組で紹介されていた「はにわの西浦」を偶然発見。

はにわのお店


10時15分に真壁消防署のある交差点からまずは上曽峠ヒルクライム開始。

民家がある最初の区間は足を着かずになんとかクリア。

そこから山道に入っていくのだが、斜度が緩む場所がまったく無い。

頑張って10分程登ったが、道を曲がったところで上を見上げるとさらに斜度が
上がっているのが分かり、



心がポッキリ折れた。


坂1

前回走った養老渓谷の大福山が初心者向けと言われる意味をようやく理解した。

大福山は足を休められる区間があったので足を付かずに走破出来たが、
ここはひたすらペダルを回して登り続けないといけない。

坂2


休憩を兼ねてしばらくロードを押して歩いて登っていると、



二人組みのローディーに颯爽と抜かれた。


「マジか。。。」と思いつつ、せっかくなので参考にしようと見てみると、
基本はシッティングで速度が落ちそうになるとこまめにダンシング。

なるほどと思い、ロードに跨って再度ヒルクライム開始。




30秒でダウン。



いや、これは本当にキツイ。

乗って降りて押してを繰り返して11時前に上曽峠山頂へ到着。

恥ずかしながらここまで7割ぐらいは徒歩で登ってきた。

坂3


ブルベ千葉200km(浦安)ではこの分岐点からキノコ山山頂へ向かうコース設定だが、
ここからの斜度も結構えげつない。

本当にこんな道をヒルクライムするローディーがいるのかと怪しんでいたら、




先ほどの二人組みローディーが颯爽と下りてきた。



さっき抜かれた場所からキノコ山山頂までノンストップで登ったのかと思うと
二人組ローディーのレベルの高さに愕然とした。

ここからキノコ山山頂まで3km程。

最初は頑張って登ったが、結局斜度の高さにすぐにギブアップしてしまい
残りの2km程はロードを押して歩く羽目に。

これってヒルクライムじゃ無くてただの登山だよな。。。と自虐的になりながらも、
斜度が緩くなった残り200m区間はロードに跨り、11時25分にキノコ山山頂へ到着。

きのこ山


山頂はパラグライダーの発射地点となっており、順番待ちの人々が大勢いた。

空を見上げると色とりどりのパラグライダーが飛んでいてなかなかの光景。


5分程休憩した後、キノコ山ダウンヒル開始。

あれだけ時間をかけて登ってきた道なのに、下ってみると本当に一瞬。

スピードが出過ぎないように注意して下った為、ブレーキ引きすぎて握力が
無くなりそうになったが、やはりダウンヒルは(漕がなくて良いので)楽しい。


サイコンのルートナビに従い、次のヒルクライム場所である不動峠方面へ。

そしてセイコーマートのある交差点を右に曲がって不動峠ヒルクライム開始。

不動峠はキノコ山より標高が低いので頑張って登ろうと思って気合を入れる。

ところがいきなりかなりの斜度で心が折られそうになったが、先ほどの失態を挽回すべく、
ここはなんとか足を付かずに乗り切った。


山道に突入。




3分でダウン。



こんなの絶対無理!と思いながらロードを押して歩いていると、後ろから来た
一人のローディーに追い抜かれた。

反射ベストを着ていてロードにQシートが付いていたので、ブルベ参加者だと思う。

抜かれた時に「こんにちは」と挨拶すると、「ここ結構きついですね」と返事してくれた。

坂4


ペースはゆっくりだが、着実に登るその後ろ姿を見てヒルクライム再開。

一人では諦めそうな勾配も、前で登っている人がいると頑張れた。

しばらく進むと先ほど前を走っていたローディーが足を停めて休んでいる。

どうしたのかなと思ったら、ここから路面がコンクリートに変わってありえない斜度に。

同じところで休憩するのも気まずかったので、ローディーに会釈してパスし、
そのまま頑張って登るが、本日一番の斜度。


なんとか後ろのローディーから見えない位置まで登り、



そこからはロードを押して歩くことに。


しばらく登っているとさらに斜度が上がり、押して歩くだけでも息が切れる程。

これ本当に足を付かずに登れる人はいるのだろか。

と言うかブルベがこんなに苛酷なものだとは思わなかった。

下から見上げると絶望的な傾斜。

不動峠


上から見下ろしても絶望的な傾斜。

不動峠2


完全に諦めて歩いて登り12時40分に不動峠へ到着。

坂5

しばらくして先ほどのローディーが登ってきたが、ペースを考えると彼もロードを
押して登ってきたんだと思う。


不動峠ヒルクライムコース出口。

坂6

後で調べてみたらこのコンクリート区間は「激坂鬼勾配」としてローディー内では
有名な上級者向けヒルクライムコースだった。

この区間を足を付かずに登りきれる人がいるらしい。

情けないが自分にはどれだけトレーニングを積んでも一生無理なレベル。

このヘタレ!と思った人は是非一度挑戦してあの絶望感を味わって欲しい。

特に出口直前の斜度は25%以上と、まるで壁。


しばらく休憩した後にルートナビに従い下山開始。

下山してすぐにつくばりんりんロードへ復帰した。

りんりんロード帰り道


途中看板が有るところで休憩。

りんりんロード


この時点で13時。

つくばりんりんロードに隣接する家系ラーメン屋で遅い昼食を取った後、
14時25分につくば駅に到着。

駅前で頑張って輪行袋にロードを詰めて14時55分発の特急に飛び乗った。

輪行帰り道


14:55 つくば
 ↓  つくばエクスプレス
15:19 南流山
15:30 南流山
 ↓  武蔵野線
15:47 西船橋

西船橋から自宅までは自走。

今回筑波山ヒルクライムコースを走ってみて実感したのは、絶対に初心者向けコース
では無いと言う事。

足を付かずに走破する事はまず不可能なので、ロードから下りて押して歩く事が前提
になると思う。

そうするとブルベ完走したとしても「200km自走した!」と胸を張って自慢できないので、
このBRM1014千葉200km(浦安)への参加は悩ましいところ。

不動峠手前700mのコンクリート超激坂区間を足を着かずに走破する事は不可能だが、
せめてきのこ山山頂まで走破出来るようになれば、参加する価値はあると思う。

ただ、10月のブルベ開催までに間に合うのだろうか。。。



----

その後ブルベコースをよくよく確認したところ、自分がルートラボで作成した
筑波山ヒルクライムのコースが間違っていた事が判明。

きのこ山から不動峠に向かう際に本来のルートから一本手前のセイコーマートで
曲がってしまい、不動峠だと思っていた場所は実は風返し峠だった。

そして自分が歩いて登ったのは十三塚という峠だったらしい。

という事で、登る必要の無かった超激坂を(歩いて)登った事になる。

ああ恥ずかしい。


筑波山自転車道を紹介したWeb siteを発見。

筑波山を自転車で走る

これによると自分が撃沈した十三塚(風返し峠ヒルクライムルート(裏側))は

「激坂。頂上付近500mのコンクリート部分は20-25%。自転車での登坂不能、歩いて押す。
下るのも大変で、でこぼこで楽しくない。麓の方も13-18%の相当な激坂。やめたほうがよい」

と紹介されている。まったく同感。

そして本来のブルベルートとなる不動峠ヒルクライムについては

「道は狭いが車も少ない。傾斜は、表不動よりはきつい。路面が荒れていてカーブもきつく、
下りもあまりスピードを出せない(パンク注意)」

との事。

比較対象の表不動ルートは一番登りやすい道との事なので、これなら足を着かずに
行けるかもしれない。



---2017年9月追記---

※半年後にリベンジライドに行って来た。
BRM1014千葉200km試走(PC1~きのこ山分岐点~不動峠)(前編)

---


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する