FC2ブログ

BRM1014千葉200km(浦安)のコースを試走(本八幡-PC1、PC3-本八幡)

今年はブルベに初挑戦したいと考えているのだが、そんな中見つけたのが
AJ千葉が主催するブルベイベント「BRM1014千葉200km(浦安)

Start/Goal地点が自宅から近い浦安なのに加え、手賀沼より南側のコースは
これまで何度か走っていて土地勘があるので初挑戦に丁度良い。

コース中盤にある筑波山周辺ヒルクライム区画は走破済み。

「筑波山近郊にあるきのこ山、不動峠でヒルクライム 超激坂に見事撃沈
 ⇒その後不動峠では無く風返し峠だった事が判明」


ルート設定ミスで不動峠では無く風返し峠に行ってしまったのだが、筑波山周辺の
雰囲気を掴む事は出来た。

今回は浦安スタート後に通過する本八幡を起点として、最初のチェックポイントとなる
PC1までのコースと、最後のチェックポイントPC3から本八幡までのコースを試走した。

*チェックポイント(Point de Controle)、 略してPC

200kmブルベは制限時間が13時間半に設定されている事から、実際に走って
ペース配分を確認するのが今回の狙い。



日曜日の朝8時20分。

ブルベStart地点から13km離れた国道14号線との交差点を出発。

ブルベ試走1


出発して1分で京成八幡駅の踏切で足止めされてしまった。

ブルベ試走2

この辺りは良く知っている道なので、迷う事無く順調に進む。


8時50分に松戸にある「21世紀の森と広場」を通過。

ブルベ試走3


9時半に手賀沼北側にある根戸新田交差点を通過。

ブルベ試走4


順調に北上して新大利根橋を渡って9時45分に利根川を横断。

ブルベ試走5

新大利根橋では車道を走ったが、橋の距離が長い上に車のスピードが速くて
ヒヤっとする場面があったので、素直に右側の歩道を走った方が良いと思う。


10時に守谷駅を通過。

ブルベ試走6

このあたりは道が広くて走りやすいが、ずっと平坦の為やや単調。


PC1の「セブンイレブン守谷松並店」に無事到着。

ブルベ試走7

時間を確認すると、10時4分。

本八幡駅からPC1までの距離は33km、所要時間は1時間44分となった。

写真撮影の時間を考慮したら実質1時間40分ぐらい。


ブルベではこのまま北上して筑波山手前のPC2を通過し、きのこ山/不動峠を
ヒルクライムしてPC3へ向かうのだが、この日はPC1からPC3へショートカット。


横断歩道に子供がいたので、速度を落として近づいたら見事に騙された。笑。

ブルベ試走8


40分程走ってPC3の「セブンイレブン牛久駅西店」に到着。

ブルベ試走9


11時10分にPC3を出発し、ブルベコースを通って本八幡へ戻る。

ブルベ試走10


6号線-229号線は路肩が広く走りやすいが、こちらもずっと平坦で飽きが来る。

ブルベ試走11


大利根橋を渡って利根川を渡る際には、新大利根橋の経験を活かして歩道を走行。

前述した通り、新大利根橋も大利根橋も歩道を走行した方が絶対良いと思う。


そして12時1分に手賀沼にある道の駅しょうなんに到着。

ブルベ試走12

日曜日のお昼という事もあって沢山の人がおり、バイクラックも大渋滞。

レストランで昼食を食べようと思っていたのだが、満席で行列が出来ていたので
諦めて12時15分に出発。


途中見つけたラーメン屋で昼食を取り、出発地点に戻ってきたのが14時4分。

ブルベ試走13

道の駅しょうなん及びラーメン屋での滞在時間を除くと、PC3からここまで
走行距離45kmで所要時間2時間5分だった。

Stravaで本日の走行ログを確認すると、走行距離96.8kmで所要時間は4時間11分。

平均速度は23.2km/hと、何度も信号で停車した割には良いペース。

良くも悪くもずっと平坦だったので、それほど脚に疲れは残らなかった。

今回のコースでは至る所にコンビニがあったので、食料調達が容易で確かに
ブルベ初心者向けだと思う。

ただずっと平坦で変化に乏しい為、筑波山できのこ山/不動峠ヒルクライムを
織り込む事によって、ブルベコースとしてのバランスを取っているように感じた。


今回の結果から予想タイムをシミュレート。

スタートからCP1(Start地点から本八幡駅までは40分と想定)
8:00- 8:30 Start
8:40- 9:10 本八幡駅通過
10:20-10:50 PC1通過

PC3からゴール(制限時間の13時間半から逆算)
19:10-19:40 PC3通過
20:00-20:30 道の駅通過
21:00-21:30 江戸川通過(今回のGoal地点と同距離)
21:30-22:00 Goal

と言う事で、PC1からPC3までの約106kmを8時間45分以内に走破すれば
制限時間内に帰って来れるという結果となった。

但し、休憩や食事時間は含まれていない為、休憩15分×3回、昼食30分と
仮定すると7時間半以内で走行する必要がある。

筑波山周辺は信号が少ないので、平地での巡航速度は上がると思うが、
やはり攻略の鍵はきのこ山/不動峠ヒルクライム。

きのこ山ヒルクライムは前回登山口から下山まで2時間近くかかっており、
ここで脚をやられてしまうと、後のタイムに影響が出てしまう。


今回の試走でようやくブルベコース全体像が見えてきた。

本番を想定して色々とシミュレーション出来るようになったのが良かった。



とは言っても、




本番はまだ半年以上も先なのだが。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する