FC2ブログ

よりスムーズな変速を求めてスプロケを105(11-32T)からUltegra(11-32T)へ換装。

自分のLook765に付いているスプロケは105スプロケ11-32T。

少しでも変速をスムーズにすべく、今回Ultegraスプロケへ換装する事とした。

Defy2に乗っていた時はUltegraスプロケ(5700 12-25T)を使っていたのだが、
Look765に乗り始めて変速が以前よりぎこちないと感じていた。

Defy2ではガッだったが、Look765はガシャッという感触。

調べてみると、以前使っていたUltegraスプロケ(5700 12-25T)のギア比は

 12-13-14-15-16-17-19-21-23-25T

これに対し、現在使用している105スプロケ(6800 11-32T)のギア比は

 11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32T

赤字の部分を見れば分かる通り、隣接するギア差が3T以上あり、12-25Tに
比べ変速がスムーズにいかない事が分かった。

それにしても我ながら良く当時12-25Tのスプロケを使おうと思ったものだ。

市街地やサイクリングコースなどの平坦地を走るだけなら問題無いが、
ヒルクライムを経験した今では絶対に選択しないギア比。

Ultegraスプロケ購入にあたり11-28Tと11-32Tで悩んだのだが、ヤビツ峠は
32Tが無ければ絶対に走破出来なかったので、今回は11-32Tを選択。

ヤビツ峠ヒルクライムに初挑戦。目標は足を着かずにタイム60分切り!

もう少し脚力がついてから11-28Tへの買い替えを検討する事にした。


部屋の中で交換作業開始。

スプロケ交換1


Look765に最初に装着されていた105スプロケ(11-32T)

スプロケ交換2

スプロケ交換に必要な工具はフリーホイールリムーバー スプロケット廻し

2012年にホイールRS80-C24を購入した際、自分でスプロケを交換しようと工具を
購入したのだが、結局使わなかったので5年ぶりに工具箱から取り出した。

スプロケット廻しのチェーンをスプロケに絡ませて固定し、フリーホイールリムーバーを
挿し込んで、反時計回りにグイっと力を入れて回したら簡単に外れた。

フリーボディが汚れていたので、フォーミングマルチクリーナーで綺麗にしておいた。

スプロケ交換3

後は逆の手順でUltegraスプロケを装着。

スプロケ交換4

10分程度で交換作業完了。

今回初めて自分でスプロケを交換したのだが、専用工具さえあれば簡単だった。

唯一戸惑ったのはUltegraスプロケのプラスチック台座からの外し方。苦笑。


交換していて気が付いたのは、同じギア比なのに105スプロケに比べてUltegra
スプロケはスペーサーの数が少ない事。

これはギアとギアの間隔が狭くなっているという事だと思うので、105との差別化
でよりスムーズな変速を可能にしているのかもしれない。


そして換装後に週末ライドで試してみたところ、同じギア比の105スプロケに比べて
確かに変速はスムーズになったと思う。

だが、Defy2で使っていたUltegraスプロケ(12-25T)にはまだ及ばない印象。

11-32Tはカバーするギア範囲が広い為、これはどうしようも無いんだと思う。

将来的にはUltegra Di2化を考えているのだけど、電動化すればスプロケの
ギア比に関係無く、変速はスムーズになるのだろうか。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する