FC2ブログ

日本未発売モデルのバックミラーRear Viz Slim Line Mirrorが到着したので早速使ってみた。

先日メーカサイトから直接購入したバックミラー「Rear Viz Slim Line Mirror」

安全に後方を確認すべくバックミラーRear Vizの日本未発売モデル「Slim line mirror」を購入。

注文から10日程かかって無事自宅に到着。

RearVizSlim1


早速腕に巻いてみるとバンドがもの凄い長かったのだが、これは巻き方が間違っていて
説明書に書いてあった正しい方法で巻いてみると丁度良い長さになった。

間違った巻き方。

RearVizSlim5


説明書通りの正しい巻き方。

RearVizSlim6

早速先日の江戸川CR電池カバー捜索ライドで使ってみた。

江戸川CRで紛失したテールライト電池カバーの捜索ライドに行ってきた。


実際に腕に装着した状態。

RearVizSlim2

メーカサイトで見た商品写真よりもかなり大きく感じる。

腕の細い日本人にとってはこのスリムモデルでようやく通常サイズと言ったところ。

もう一回り小さいClassic modelでも良かったかな。


ミラーを開いた状態。

RearVizSlim3

ミラーの縦の角度調整は360度回転する台座を回して調整。

かなり固めなので、ミラーを閉じた状態で回さないと壊れそう。

ミラーの横の角度調整はミラーの開く角度で調整。

最初にざっくり設定後、実際に乗ってみて調整したが、鏡が大きくて広範囲を見る事が
出来るのでシビアな調整は必要無かった。

慣れれば1秒で調整可能。

RearVizSlim7


実際に使っている時の視界に近いのがこちら。

RearVizSlim4

顔を動かさずに視線を移動させるだけでばっちり確認出来る。

楽しくて必要以上にちらちらとミラーを見てしまった。

一つ気になったのは、半袖の場合、本体のプラスティック台座に直接素肌が接触する事。

台座は汗を吸わないので、長袖インナーやリストバンドがあった方が快適だと思う。

気になった点以外にこれといった不満は無く、後方を確認する為にいちいち振り返る
必要が無くなったので、よりライドに集中する事が出来るようになった。

今回のライドでは重さはまったく気にならなかったが、100kmを越える長距離ライドでは
どうなるのか実際に走って試してみたいと思う。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する