FC2ブログ

ニューホイールMavic Ksyrium Pro Exalith SLが到着!

思い切って購入したホイール「Mavic Ksyrium Pro Exalith SL」がついに到着。

ホイールをCampagnolo Zonda C17からMavicに買い替えた。

受け取りの際しっかり消費税5,200円を徴収されたが、それを考慮しても
日本で購入するより圧倒的に安い。

プチプチでしっかりと梱包されており、外箱にダメージは見当たらず。

前後ホイールがそれぞれ個別梱包されていた。

NEW Wheel1

さっそく開封。

Mavicはホイール単品で購入してもタイヤとチューブがセットで付いてくる為、
最初からタイヤとチューブがホイールに装着されていた。

NEW Wheel2

箱から出してみた。

NEW Wheel3

持ち上げてまず驚いたのがその軽さ。
Zonda C17とのホイール重量差は公称値で241gだが数値以上の差を感じた。

また、想像していた以上に高級感があって思わずにやけてしまう。


付属品はこちら。

NEW Wheel4

専用ブレーキシューとクイックリリース。
上の2つはメンテ用パーツ。


早速スマホを取り出し、


15分後にカーシェアリングを予約。


先日の定期点検の際に持ち込みホイールでも対応してくれる事を確認しているので、
自転車に装着する前の新品状態でサイクルショップへ向かった。

サイクルショップでLook765の定期点検。様々な整備不良が発覚。

道が渋滞していた為、自宅から1時間ほどかかってようやくサイクルショップへ到着。
店長にホイールの調整をお願いしたい旨を伝えると、快く承諾してくれた。

てっきりホイールをショップに預けて後日取りに来る必要があると思っていたのだが
先客がいなかったからか、その場で作業を開始してくれた。


まずホイールにセンターゲージをあててセンターが出ているかの確認。

すると不安が見事に的中。



センターが4mm近くずれていた。



ホイールを振れ取り台に乗せて振れ取り作業開始。

鮮やかな手付きで調整する店長の背中を見ながら、やっぱりプロは凄いなと
感心してしまった。

振れ取り作業後はハブを分解して必要なグリースオイルを充填するなど、
その他諸々のメンテ作業を経て、作業時間は前後輪合わせて45分程。

工賃は想定範囲内の5,000円だった。


会計時に店長から「海外通販ですか?」と聞かれたので素直に答えると、
「かなり振れていたので、持ち込まれて本当に良かったと思いますよ」と
有り難いコメント。


自宅に帰ってからブレーキシューの交換、スプロケットの換装を行い、
いよいよ新ホイールをLook765に装着。

トーイン調整では以前の失敗を活かして、しっかりとネジを締め付けた。

NEW Wheel5

ホイールを交換した事でLook765の見た目が一気に引き締まった。

うっとり眺めながら焼酎5杯はいけそうだ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する