FC2ブログ

南龍飯店@あんかけ炒飯 エキゾチックな雰囲気の大衆中華料理屋さん

本八幡駅北口から徒歩だと30分以上かかる「南龍飯店

先日ロードバイクでたまたまこのお店の前を通り、その独特な外観が
気になっていたので、ママチャリで訪問する事に。

自宅からは10分程でお店に到着。

様々なオブジェが雑然と飾られてゴチャゴチャしたお店の入り口。

南龍飯店

お店の中の様子が分からないので、ドキドキしながら扉を開けて店内へ。

南龍飯店

店内は思っていたより広々としており、先客はゼロ。

最初カウンター席に座ろうと思ったが、厨房の大将との距離が近過ぎて
少し気まずかったので、お店の真ん中にある8人用テーブル席に座った。

夫婦でやられているようで、大将が調理、奥さんが接客担当。

お店の至る所に貼られた手書きのメニューが味があって良い感じ。

ラーメン系にしようか迷ったが、初めてだったので看板メニューらしい
「かいばしら あんかけ炒飯(780円)」を注文。


ところがご主人は何か仕込み中だったのか、なかなか調理が始まらない。

10分過ぎたあたりでようやく鍋を振る音が聞こえ始め、注文から15分程で
奥さんが料理を運んできた。

南龍飯店

高級食材の筈の貝柱の量にびっくり。
こんなに入れて大丈夫なのだろうかと変な心配をしてしまった。

あんかけの具材は鶏肉とエノキ茸は分かったが、他は良く分からず。
緑の野菜は正体は何だったのだろうか。

早速食べてみるとあんかけの粘度が高めで炒飯との相性はバッチリ。

少し味付けが濃かったが、なかなかの美味しさで失礼ながら街中の
大衆中華料理屋としてはレベルが高いと思った。

有名人のサインや写真が貼ってあったので、自分が知らないだけで
それなりに知られたお店なのかもしれない。

ただ、このお店は最寄駅とされている京成菅野駅からでも950mと、
一元客がほとんど見込めないかなり厳しい立地。

実際自分が食べている間にお客は入らず、最後まで独占状態だった。

南龍飯店

個人的にはまた来たいと思ったので、次回ラーメン系にトライしたい。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する