FC2ブログ

都民の森ヒルクライムに初挑戦。 天候に恵まれなんとか走破。

都内の有名なヒルクライム聖地と言えば「ヤビツ峠」と「都民の森」。

今年3月にヤビツ峠へ初挑戦し、なんとか足を着かずにクリア。

ヤビツ峠ヒルクライムに初挑戦。目標は足を着かずにタイム60分切り!

今回は「都民の森」ヒルクライムに挑戦してきた。

都民の森ヒルクライム

当日は最寄駅の武蔵五日市駅まで輪行で移動。

往路は都営新宿線を活用した以下のルート。

7:20 本八幡駅
↓都営新宿線急行
7:49 新線新宿駅(直通)
7:50
↓京王新線急行
7:55 笹塚駅(直通)
7:56
↓京王新線急行
8:22 分倍河原駅
8:25 分倍河原駅
↓南武線
8:36 立川駅
8:47 立川駅
↓ホリデー快速あきがわ5号
9:21 武蔵五日市駅

まずは都営新宿線で分倍河原駅へ。

都営新宿線は手すりが高い位置にある為、ショルダーストラップの長さが
ギリギリで毎回焦ってしまう。

都民の森ヒルクライム

分倍河原駅に到着。

初めてで読み方が分からなかったが「ぶばいがわら」と凄い名称。

都民の森ヒルクライム


乗り換え時間が3分しか無いので急いで階段を下りて南武線ホームに
向かうとなんとホームが人でごった返している。

この混雑の中に乗り込むのは迷惑になるので、1本やり過ごす事にした。

8:33 分倍河原駅
↓南武線
8:44 立川駅
8:47 立川駅
↓ホリデー快速あきがわ5号
9:21 武蔵五日市駅

1本やり過ごした事で次の立川駅での乗り換え時間が3分しか無かったが
無事にホリデー快速あきがわ5号に乗ることが出来た。

立川駅から武蔵五日市駅に向かう途中の拝島駅で車両切り離しが行われ、
武蔵五日市駅に向かうのは前方4車両のみなので要注意。

自分はホリデー快速あきがわ5号の最後尾車両に乗っていた為、拝島駅で
車両切り離しを行っている間に慌てて前方車両へ移動した。


そして本八幡駅から2時間かけてようやく武蔵五日市駅に到着。

都民の森ヒルクライム


駅前でLook765を組み立て、向かいのセブンイレブンで朝食とドリンクを
調達して9時50分に都民の森に向けて出発した。

都民の森ヒルクライム


この日の天候は曇りで気温25℃と、絶好のライド日和。

ここから都民の森までは約30kmと、それなりに距離があるが
気温が低かったお蔭で最後まで暑さにやられる事なく走る事が出来た。


木々に囲まれた道は綺麗に舗装されていてとても走りやすい。

都民の森ヒルクライム


新矢柄橋というやけにスタイリッシュな橋を通過。

都民の森ヒルクライム


ここまでは細かいアップダウンはあるが、どちらかと言えば平坦基調。


そして都民の森ヒルクライムの起点の一つとされる橘橋T字路を左折。

都民の森ヒルクライム


標識によるとここから都民の森まで21km

いよいよヒルクライム開始かと気合を入れるも、勾配は緩く時折下り坂が
現れるなど、登っている感覚がほとんど無く少々拍子抜け。


順調に進んで都民の森まで残り13kmとなる上川乗の三叉路に到着。

都民の森ヒルクライム


上川乗の三叉路を右へ。

都民の森ヒルクライム


行く手に急勾配の坂が出現し、ここから本格的なヒルクライムとなった。

都民の森ヒルクライム

ヤビツ峠ヒルクライムの時と違い、この日はタイムを計測している訳では
無いので、無理しないペースでペダルをクルクルと回す。

途中でローディーに追い抜かれ、あっという間に姿が見えなくなった。

その後ろ姿を見ながらヒルクライムが早い人と、遅い自分との違いは
何だろうと考えてしまった。

とりあえずタバコは辞めた方が良いんだろうな。


最初の坂をクリアした後も緩勾配の上り坂が続き、時折急勾配の坂が現れた。

都民の森ヒルクライム


頑張れば登れる勾配ではあるが距離が長いのでどんどん足が削られる。

結局は口呼吸になってぜーぜー言いながら時速8~10km/hとなった。


そして都民の森まで4km地点を通過。

都民の森ヒルクライム


兎に角距離が長いので、ここまででかなり足を削られた(2回目)
気温がそれほど高く無かったので体力の消耗を抑えられた事が救い。

これで猛暑だったら絶対途中で足を着いていたと思う。


空を見上げると、山頂付近は雲に覆われている。

都民の森ヒルクライム
都民の森ヒルクライム

そして都民の森まで3km地点を通過。

都民の森ヒルクライム

このあたりから雨がパラパラと降ってきた。

気温が高くないと言っても汗だくになっていたので、まさに恵みの雨。


奥多摩周遊道路の旧料金所に到着。

都民の森ヒルクライム


行く手には最後の難関として有名なつづら折りが見えた。

都民の森ヒルクライム

事前にネットで調べた限りでは、このつづら折り区間がかなりキツイとの
事だったが、実際に登ってみると見た目ほどの勾配は感じなかった。

早いペースで登ろうとすれば確かにきつそうだが、ペースにこだわりが
無ければ途中で足を着いてしまう人は少ないと思う。


つづら折り区間をクリアし、ついに都民の森まで1km地点を通過。

最後の力を振り絞る。

都民の森ヒルクライム


このカーブを曲がると。。。

都民の森ヒルクライム


都民の森が現れた!

都民の森ヒルクライム


駐車場のスタッフの方が「お疲れさまー」と声を掛けてくれた。


そして都民の森の石碑の前で念願の写真撮影。

ヤビツ峠ヒルクライムの時もそうだったが、登頂での写真撮影が
モチベーションになって頑張れたのではないかと思う。

都民の森ヒルクライム

時計を確認すると11時40分。
武蔵五日市駅からここまで1時間50分かかった。

都民の森には休憩しているローディーが大勢いたが、大型バスで来た観光客や
ハイキングの人達の姿も多く見られた。


バイクラックにLook765を停めて先日購入した「nubeam」のアラームをセット。

盗難防止アラーム&ウインカー付きテールライト「nubeam(ヌービーム)」が到着。

nubeamを実際に使ってみた感想は別途記事にしたいと思う。


都民の森名物の「みとうだんご」を求めて売店へ。

都民の森ヒルクライム


350円/本となかなか強気の観光地価格。

都民の森ヒルクライム

「あまからしょうゆ味」か「くるみみそ味」を選べるので、くるみみそ味を
注文したところ、売店のおじさんが「そっちばかり売れるんだよねー」と
言っていた。


「みとうだんご(くるみみそ味 350円)」

都民の森ヒルクライム

結構なモチモチ食感でなかなか美味しかった。



都民の森からの風景。

都民の森ヒルクライム

残念ながら雲に覆われていてあまり景色は良くなかったが、
お蔭で真夏とは思えない快適な気温だった。


暫く休憩した後、ウィンドブレーカーを着込んでダウンヒル開始。
雨がポツポツから小雨に変わり、路面が濡れている状態。

都民の森ヒルクライム


悪天候でも制動力の高いエグザリッドと言っても乗り手がダウンヒルに
慣れていない為、30km/hもスピードを出せずに慎重に進む。

このコーナーなんてそのままアイキャンフライしてしまいそうでマジで怖かった。

都民の森ヒルクライム


山の中腹以降は天候が回復。。。というか、標高が低い場所は
雨が降っていなかった模様。

路面が濡れていないので安心してダウンヒルを楽しむ事が出来た。

都民の森ヒルクライム

そろそろ昼食を取ろうと、ダウンヒル中に道路沿いにあるレストランや食堂を
物色するも、ことごとく閉店しておりそのまま街中まで戻って来てしまった。

ダウンヒルに要した時間は1時間。
最初は怖かったが気持ちの良いご褒美ダウンヒルだった。


ウインドブレーカーを脱ぐ為コンビニで一旦休憩。

ローディーがよく訪れるのか、バイクラックが3つぐらい置いてあった。

都民の森ヒルクライム


13時半に武蔵五日市駅に到着。

都民の森ヒルクライム

周辺に昼食を食べれるお店が無いか見回してみるも、パン屋が一軒あるのみ。

スマホで帰りの電車を調べると14:02発の電車に乗れば乗り換えが
スムーズに行きそうだったので、結局昼食を諦めて駅前で輪行準備。

14:02 武蔵五日市駅
↓五日市線
14:19 拝島駅
14:23 拝島駅
↓青梅線青梅特快
14:35 立川(直通)
14:35
↓中央線青梅特快
15:09 御茶ノ水駅
15:10 御茶ノ水駅
↓総武線
15:31 市川駅

拝島駅での乗り換え時間4分はかなりギリギリだったが、このルートで
1時間半で市川駅まで戻って来れた。

小雨が降り始めていたので慌ててLook765を組み立て16時前に自宅に到着。

この後本格的に雨が降り始めたので、濡れず帰れてラッキーだった。


この日の走行距離は59.2kmで、所要時間は2時間54分。

都民の森ヒルクライム

ヒルクライム中は辛くて「しばらくはいいや」と思うのだが、時間が立つと
また行きたいと思い始めてしまうのが不思議でしょうがない。

と言う訳で、次回は是非紅葉の季節に行ってみたい。


そう言えば、この日は走行距離50kmを過ぎたなんとダウンヒル中に
また両足を攣ってしまった。

クセになっているのかもしれないので、何か対策考えないと。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する