FC2ブログ

LOOKのビンディングペダル「KEO Blade2 Pro Team」をLook765に装着。

ようやくLOOKクリートが到着し、シューズにクリートを取り付ける事が
出来たので、ビンディングペダルをSPDからLOOKに交換する事にした。

「KEO Blade2 Pro Team カーボン(クロモリアクスル)」を購入。

LOOKクリートがようやく到着したので、GIRO Empire SLXへ装着。

LOOKペダル


開封。

ペダル裏側のモンドリアンカラーが素晴らしい。

ここである事に気が付いた。

LOOKペダル


"Cleats and Instructions Bellow"と書いてある。

まさかと思って箱の底を確認したところ、

LOOKペダル


クリート発見。。。


但し、滑り止めグリップが付いていないタイプの通常クリートだったので、
結果的に別に購入しておいて正解だったと思う。


早速Look765に装着しているSPDペダルの取り外し。


交換前のSPD-A600。
ペダルキャッチ時のキズが凄い。

LOOKペダル


六角レンチを差込み、ペダル側から見て時計回りに回せば外れる筈。

LOOKペダル


ところが思いっきり力を入れて回そうとするものの、



まったく外れる気配が無い。



困りきって参考にしたサイトがこちら。

⇒硬いネジを少しでも楽に外す方法 ~ビンディングペダル編~


サイトに掲載されているやり方通り、左側ペダルの外す際に左ブレーキを
握りながら六角レンチを上から足で踏み込む事にした。

靴下だけだと足の裏が痛くなるのでベランダからサンダルを持ってきて
踏み込んだのだが、力の入るポジションが難しくてクランクが動いてしまう。

それでも諦めずに悪戦苦闘しながら5分程踏み込んだ結果、「パキンッ」と
音がしてなんとか外す事に成功した。

LOOKペダル


続いて右側(ドライブ側)のペダル取り外し。

こちらは左ブレーキを握りながら3時の位置のクランクを足で踏みつけ、
腕で六角レンチを上に引き上げる。


これが何度やってもまったく緩む気配が無い。




汗だくになりながら20分程悪戦苦闘した結果、




苦渋の決断として、





サイクルショップに持ち込む事にした。





ヘタレで申し訳無いが、これ以上自分でやっても絶対外れない。


さすがにLook765を購入した五香のサイクルショップに持ち込むには
遠すぎるので、以前ママチャリ修理でお世話になったダイエーへ。

ところがダイエーの警備員室で要件を告げると、自転車修理サービスが
既に終了していた事が判明した。

市川駅前ダイエーの自転車屋さんはサービスが良い!


そこでダイエーのすぐ近くにある「セオサイクル市川北口2号店」へ。

LOOKペダル


店員さんに事情を話して取り外しをお願いしたところ、慣れた様子で六角レンチを
取り付けた。

自分が悪戦苦闘した3時の位置で六角レンチを腕で引き上げるやり方では無く、
9時の位置の六角レンチを左足で踏んで体重をかけると、




あっさりと外れた。




あんだけ悪戦苦闘したのに、こんなに簡単に外れる方法があるとは。

店員さんに工賃を尋ねると「別に良いですよ」と素晴らしい対応だったので、
今度消耗品でも買いに来よう。


ようやく外してもらった外れた右側ペダル。

LOOKペダル


LOOKビンディングペダル取り付けの際、固着しないようグリースを
大量にヌリヌリ。

LOOKペダル


装着後。

LOOKペダル


ペダル裏側のモンドリアンカラー。

LOOKペダル


結局交換に1時間半かかったLOOKビンディングペダル。

LOOKペダル

やはりペダル裏側のモンドリアンカラーがLook765にベストマッチ。


早く試してみたいが、週末乗れるかは天候次第。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する