FC2ブログ

11月24日にオープンした「スシロー 本八幡北口店」で初スシロー。

2017年11月24日にオープンした「スシロー 本八幡駅北口」で夕食。

回転寿司は銚子丸とくら寿司のみで、スシローは今回初めて。

くら寿司同様、飛び込みで行くと物凄い待たされるとの事だったのでアプリを
ダウンロードして予約してから訪問する事にした。


アプリを起動して確認すると、金曜日19時前で45分待ち。

スシロー


予約可能な時間帯を見てみるとほとんどが21時以降だったのだが、
何故か20時だけピンポイントで空いていたのですぐに予約。


予約時間10分前の19時50分にお店に到着。

スシロー


店内に入ると沢山のお客さんがベンチに座って待っている。

「お店に着き次第、必ずチェックインを済ませてください」とあったので、
店内のタッチパネルでチェックイン。

先ほどアプリで45分だった待ち時間が60分に延びていた。

スシロー


ベンチに座って番号が呼ばれるのを待つが、20時になっても呼ばれない。

予約時に案内時間が20時~20時20分と書いてあり、まあ多少前後するのは
しょうがないと思っていると、あっという間に20時20分も過ぎてしまった。

その間5組ぐらいの番号が呼ばれていたのだが、番号を聞く限り店頭受付
(番号3桁)と予約(番号4桁)が交互では無く、ランダム。

どういう順番で入店させているのか良く分からなかった。


結局ベンチに座って30分経った20時25分にようやく自分の番号が呼ばれた。

店頭受付だったら60分待ちだが、予約したので30分で済んだという事だろうか。


自分のテーブル席へ移動する際、迷わないように店員さんに渡された座席表。

スシロー


テーブル席の横にレーンがあり、当たり前だがお寿司が回っている。

スシロー


良く見てみると「オーダー品」と描かれた皿に乗っている商品が回っているが、
どうやって自分が頼んだものと判断出来るのか、この時点では分からなかった。


注文はタッチパネル方式。

スシロー


タッチパネルを取り外してテーブルの上で注文すれば良いのに、周りのお客さんを
見てみると全員この状態でタッチパネルに手を伸ばして操作している。


とりあえずタッチパネルで生ビールを注文。

すると、画面に「注文した商品がレーンを流れてくるまでお待ち下さい」と言った
メッセージが出てきたので、最近はビールまでレーンで流れてくるのか!と驚いて
いたら普通に店員さんが持ってきた。。。


いくつか寿司を注文したところ、先ほどの疑問が解消。

スシロー


注文した商品がテーブルに近づくとタッチパネルから音が鳴って教えてくれる。


最近の回転寿司は凄いなと素直に驚いた。

少しでもシステムに不具合が発生したら、お店が大混乱になりそうだ。


お腹一杯になったところで締めに頼んだ「鯛だし塩ラーメン(330円)」

スシロー


残念ながら味はイマイチだった。

お店の方を呼んでお皿の数を数えてもらい、会計したら2人で5,000円程度。

思ったより高かったが、お酒の量が多かったせいだと思う。


まさに寿司のファミレスと言った風情で、家族連れや若い人達には良さそうだが、
自分だったら同じ回転寿司でも落ち着いた雰囲気の「銚子丸」の方が良いかな。

回転寿司と言えども、やっぱり目の前で職人さんが握ってくれるお寿司が食べたい。


⇒食べログ「スシロー 本八幡北口店

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する