FC2ブログ

2018年最初のブルベBRM217鴨川200(後編)

Start地点からPC2までの前編はこちら。

⇒「2018年最初のブルベBRM217鴨川200(前編)

BRM217鴨川200


11時35分にPC2に到着すると、リンダさんがベンチで休憩されていた。

ジーニョさんはお目当ての寿司屋さんに1人で食べに行かれたそうだ。

566さんも事前に調べたお店で昼食を食べる予定にされているとの事だが
一旦コースを離脱する必要が有り、お店の営業時間は12時から。

そこで自分は分かれてコース沿いにあるお店で昼ご飯を食べようと思って
いたのだが、結局3人で566さんのお目当てのお店に向かう事になった。

BRM217鴨川200


PC2から10分弱、安房鴨川駅すぐ傍にあるお店に到着。

BRM217鴨川200


⇒食べログ「来来
 *何故か食べログでは掲載保留中。

PC2で少しゆっくりしたのでお店に到着したのが11時55分。

12時前にも関わらず営業中となっており、先客がいたので営業時間が
変わったのかも知れない。


お店の看板メニューは「来来めん(880円)」。

「辛い/辛くない」を選べたので、辛いを注文してみた。

BRM217鴨川200


醤油ベースのスープに、辛さのアクセントとしてたっぷりのラー油。

麺は中華料理屋定番の細縮れ麺で、ニラが入っており栄養満点。

ゆっくり休んだお蔭で残り少なかった体力ゲージは多少回復したものの、
疲労で身体の節々が痛くてこの先最後まで走れるか不安が残る。


昼食を済ませてPC2へ戻ってきたのが12時35分。

BRM217鴨川200


一休憩して12時40分にPC3に向けて出発した。

事前シミュレーションではPC2を12時20分に出発して40分のランチを
見込んでいたので、この時点での貯金は20分。


いよいよ最難関となるPC2-PC3区画(61.8km)

⇒ルートラボ「BRM217鴨川200(PC2-PC3)

BRM217鴨川200(PC2-PC3)


走行距離61.8kmで獲得標高1,283mはまさに未知の世界。

何回峠を超えないといけないんだと言うぐらいギザギザの標高線が
その過酷さを物語っている。

清澄山ヒルクライム区間まではこの日のコースで唯一海が見える
長閑な海岸線沿いの平坦道路を走行。

BRM217鴨川200


追い風だったので頑張って先頭を牽いていたら、566さんがこの先に
ある神社に寄ってお守りを買うので先に行って欲しいとの事。

「後から追いつきます」と言われていたが、結局この後566さんと
合流する事は無かった(後で知ったのだが途中迷子になられた模様)


海岸線沿いの道を曲がって、リンダさんと二人で清澄山ヒルクライムに突入。

BRM217鴨川200


リンダさんにも自分のペースに構わず先に行って欲しいと伝えていたので
どんどん距離が広がっていき、この後リンダさんとも合流する事は無かった。

BRM217鴨川200


と言う事で、ここからは単独走。

登っている途中で何人にも抜かれたが、これ以上速く登る事は出来ないので
インローでゆっくりペダルを回しながら、自分のペースで着実に登る。

この辺りからGarmin520の調子が悪くなり、常にOff course表示。

山奥なので衛星がキャッチ出来ていないのかなと思ったが、終盤街中に
入ってもずっと調子が悪いままだった。

・・・後でStravaで自分の走行記録を確認して驚く事になる。


ギリギリの攻防でなんとか足を着かずに清澄山ヒルクライムを走破。

ところが次から次へと現れる数々の峠。

BRM217鴨川200


よくもまあこんなに峠を織り込む事が出来たもんだと、変に感心しながら
下りでは攣りそうな脚をマッサージしつつ、無心でペダルを回して峠を登る。

BRM217鴨川200


七里川温泉を過ぎてようやく平地になったと思ったら、

BRM217鴨川200


間髪入れずに大福山ヒルクライムに突入。

BRM217鴨川200


なんとか大福山を登った後、養老渓谷駅に向かって走っていると
丁度駅に電車が入ってきたので、足を停めて写真撮影。

BRM217鴨川200


養老渓谷駅で自主休憩。

BRM217鴨川200


この時点で14時15分で、ここまでの走行距離は122km。

残り20km程の未試走区間を過ぎれば、最後の62kmのコースは把握済。

残るヒルクライムは野見金山と牧元牧場だけかと油断していたら。。。。




この日一番の激坂登場。

BRM217鴨川200


激坂の正体は172号線を走る伊藤大山ヒルクライム。

BRM217鴨川200


これがブリーフィングで言っていた一番きつい峠に間違いない。

信じられない直線激坂で、他の参加者も悪戦苦闘。


また、追い討ちをかけるようにここで雨が降り始めてきた。

ウィンドジャケットを着るほどでは無かったものの、雨で気温が下がって
どんどん体力が奪われていく。

疲れ切った身体に鞭を打って、無心の境地で何も考える事無くひたすら
ペダルを回し続けてなんとか足を着かずに登りきった。


ダウンヒルを経て横山交差点を左折し、野見金山へ通じる大多喜街道へ。

さすがにこれで野見金山までは平坦基調で峠は無いだろうと思っていたら、
途中でつづら折りの坂道が現れたので、変な声が出てしまった。


そしてようやく、野見金山ヒルクライム入口に到着。

BRM217鴨川200


ここからゴールまでは試走済み。

⇒「2018年開催予定のブルベBRM217鴨川200を試走(後編(PC1~PC3~Goal))

雨が止んで晴れ間が出てくる中、気合を入れて野見金山ヒルクライム。


ところで野見金公園でのフォトチェックについて、①~③のいづれかで
写真を撮る必要があるのだが、自分が選んだ場所がお分かりだろうか。

BRM217鴨川200


前編記事のおさらいとなるが、説明文は以下の通り。

①コース上の通過点、坂を登りきったところ、公園入口です。
 もういっぱいいっぱいだ!という方はここで写真を撮ってすぐに出発してください。

②元気がある方は①の横の道を進んだところにある、公園内の「次回イベント」の
 お知らせの看板と自転車の写真を一緒に撮ってきてください。

③さらに元気な方はその先を進み、砂利の駐車場左手の坂を上ると「ミハラシテラス」
 がありますので、そこにある望遠鏡と自転車の写真を撮ってきてください。




正解は、



③ミハラシテラス!!

BRM217鴨川200


あまりに坂を登り過ぎてなんだかヒルクライマーズハイ状態だったので、
一気にミハラシテラスまで登ってしまった。

ミハラシテラスからの眺めは壮観で、頑張って登って良かったと思う。


その後ダウンヒル、地味に距離のある平坦道を経てPC3に到着。

BRM217鴨川200


PC3到着時間は16時20分と、想定到着時間17時に対して40分の貯金。
(PC3Close時間に対しては1時間4分の貯金)

ここまでのアップダウンで体力を使い果たし、さすがにお腹が空いたので
ピザまんを食べて16時30分にいよいよGoal地点に向けて出発。


最後のPC3-Goal区間は48.4km。

⇒ルートラボ「BRM217鴨川200(PC3-Goal)

BRM217鴨川(PC3-Goal)


ゴールまでの48.4kmを3時間半で走れば、ほぼ想定タイムの13時間。

試走ではこの区間を向かい風が強い中2時間50分で走っているので、
この時点でようやく完走を確信した。


そして最後の峠となる牧元牧場ヒルクライムもなんとかクリア。

BRM217鴨川200


秋元牧場には「長生き展望台」があると聞いていたので、登った後に
牧場(?)周辺を探し回ったのだが残念ながら発見出来ず。

秋元牧場を過ぎた後はゴルフ場横の細かいアップダウンがあるコースを
順調に進む。

ところがここで先ほどからOff course表示だったGarmin520のMAP画面が
完全に固まってしまった。

走行速度や距離は問題無いのだが、これではコースが分からない。

そこで後ろを走っていた参加者に事情を伝えて前を走ってもらう事に。


暫く走って街中に入ると、予想していた以上の強烈な向かい風。

4~5人の集団で風を切って進む。

BRM217鴨川200


最後の15kmは8人程の集団になっていたのだが、強烈な向かい風の中
同じ人がずっと先頭を牽いており、後ろを走る人達は誰も前に出ない。

自分も疲労困憊ではあったが、ここまで来たら残っている力を全て搾り
出そうと、集団を抜け出して先頭へ。

先頭の方に「先頭代わります」と伝えたら「有難うございます!」と
気持ちの良い返事を頂いた。

短い距離ではあったが、頑張ってゴール直前まで集団を牽いていると
遠目にゴール地点となるデイリーヤマザキの看板が見えてきた。


集団の中から次々と歓声があがる。



そして、




ついに、




ようやく、




Goal地点に到着!

BRM217鴨川200


敬意を表して先ほどまで先頭を牽かれていた方に先にコンビニに入って
もらい、後から入った自分はレジの前に置いてあったバナナを購入。

レシートの時間を確認すると19時22分で、完走タイムは12時間22分。

想定タイムの13時間5分から、見事33分短縮する事が出来た。


この後、船橋港親水公園へ移動して認定を受ける必要があるのだが、


寒くて震えが止まらない。


慌ててコンビニの中へ逃げ込んだ。

どうやら日が暮れて気温がグッと下がった事に加え、汗が冷えて
体感温度がとんでもなく低くなってしまったようだ。

このままでは外に出ることが出来ないので、温かいコーヒーを飲んで
みたが一向に改善しない。

藁にもすがる思いでウィンドジャケットを着込んだところ、なんとか
ギリギリ我慢出来る寒さになったので、震えながら船橋港親水公園へ。

BRM217鴨川200


受付でのレシートチェック後にフォトチェックの写真を見せた際、
「お、展望台ですね!」と言ってくれたのがとても嬉しかった。

さすがにこの寒さではゆっくり滞在する気が起きず、温かい甘酒を
一杯頂いてから自走で帰路に着いた。

BRM217鴨川200


無数の峠、突然の雨、終盤の強烈な向かい風と、想像以上にハードな
ブルベだったが、完走出来て本当に良かった。

獲得標高2,500mオーバーの難コースを、遅いながらも足を着かずに
走破出来た事で、少なからず今後の自信になったと思う。



最後に、





参加されたランドルーヌ/ランドヌーズの皆さん、





AJたまがわ東葛班スタッフの方々、






本当にお疲れ様でした!!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

Comment

  • 2018/02/22 (Thu) 10:59
    べこ #- - URL
    No title

    完走おめでとうございます!!
    私実家が鴨川でして、来来、懐かしいですね。
    今度実家に帰ったら、行ってみようと思います。
    清澄・大福・伊藤大山・野見金山・秋元、なかなかハードですね!
    秋元はおそば屋さんの脇を登ったとこに展望台があります。
    今度はぜひお立ち寄りくださいませ。

  • 2018/02/22 (Thu) 11:23
    しげ #- - URL
    No title

    こんにちは
    完走おめでとうございます。
    あの強風の中かつ、大きい獲得高度のコースでこのタイム、凄いですね。
    前日の天気予報を見て、ほぼ無風!って思ったのは何か見間違えたようです。(^^;
    筑波も午後から強烈な風でした。
    ほんとお疲れ様でした。

  • 2018/02/22 (Thu) 11:23
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    べこさん

    コメント有難う御座います。
    実走前はかなり不安でしたが無事に完走する事が出来ました。
    ご実家が鴨川なんですね。まさか来来をご存知とは思いませんでした。笑。

    清澄~秋元区間を走っている間は二度と走りたくないと思ったのですが、
    日が経った今では何故か楽しい思い出に変換されています(^^;)

    展望台は次回是非立ち寄らせて頂きますねー。

  • 2018/02/22 (Thu) 11:36
    NIS #- - URL
    No title

    こんにちは!
    完走、おめでとうございます(^_^)/

    房総半島をロードで走ったことはありますが、
    大多喜などの内陸部は車でしか走ったことがなく
    それでも、斜度がキツくて長い記憶があります。

    色々と記憶に残るブルベになったようで、
    端からみていると楽しそうですが、自分は
    全く参加したいと思わないのは、苛酷さが
    にじみでてるからでしょうか? (笑)

    今度、ゆる坂をご一緒してください!

  • 2018/02/22 (Thu) 12:08
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    しげさん

    こんにちは。
    コメント有難う御座います。
    走っている間は本当に大変でしたが、思っていたより良いタイムでした(^^)

    この日開催されたブルベに参加された方々は皆さん強風にやられたようです。
    覚悟はしていましたが、まさか途中で雨まで降るとは思いもしませんでした。

    しげさんももうすぐBRM303つくば200ですね。
    頑張って下さい!

  • 2018/02/22 (Thu) 12:26
    ととまる #- - URL

    ブルベお疲れ様でしたm(。_。)m
    200は本当にすごいと思います!!
    僕も今年はそのぐらい走れるように頑張ります(笑)

  • 2018/02/22 (Thu) 12:37
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    NISさん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    これだけの峠を一度に走るのは初めてでしたので、本当に苛酷でしたがなんとか完走する事が出来ました。
    ですが苛酷さより楽しさの方が勝っていましたよ。笑。

    ゆる坂大歓迎ですので、こちらこそ宜しくお願いします!

  • 2018/02/22 (Thu) 12:42
    Yo-sukex #- - URL
    Re: タイトルなし

    ととまるさん

    コメント有難う御座います。
    なんとか完走出来てほっとしました。
    ブルベに出ると距離に対する感覚が麻痺してしまいますが、普通に考えれば200って長いですよね。
    ととまるさんもブルベどうですか?とお誘いしてみます。笑。

  • 2018/02/23 (Fri) 08:45
    566 #- - URL

    おはようございます
    足つき無しだったんですねー、PC2からそこそこにきつかったので、わたしも何度か降りようかな、と頭をよぎりました(笑)
    ちなみにわたしは一番下の表示番で撮りました(着いたの17時頃でしたので、、、)

    次回の300出られるのでしたら、夜スタートですのでご注意を
    道的にはほぼ平坦みたいですので、今回より楽かもですね

  • 2018/02/23 (Fri) 09:46
    ゆうき #- - URL
    No title

    ブルべお疲れさまでした!
    前後編のお話も大変楽しく拝見させてもらいました。
    写真もしっかりと撮られての完走!すごいです!
    本当にお疲れさまでした。

  • 2018/02/23 (Fri) 11:42
    Yo-sukex #- - URL
    Re: タイトルなし

    566さん

    こんにちは。
    コメント有難う御座います。
    ご承知の通り亀ペースではありますが、なんとか頑張って足着き無しで登りました。
    566さんでもきつかったんですねー。
    何故か50kmも余計に走られていたからでしょうか。笑。

    次回300出走検討中ですが、エントリーはしておこうと思います。
    確かにほぼ平坦ですので、眠気さえ克服出来れば完走出来そうな気が。。。

  • 2018/02/23 (Fri) 11:54
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    ゆうきさん

    こんにちは。
    コメント有難う御座います。
    アップダウンが多すぎて余裕が無く、あまり写真撮れませんでしたが、
    ブルベの雰囲気が少しでも伝わったのであれば嬉しいです(^^)

    ありがとうございます!
    本当にお疲れ様でした。笑。

  • 2018/02/24 (Sat) 19:46
    momo弐号 #- - URL
    No title

    ((((=(´・ω・`)ノ こんばんわぁ~

    完走おめでとうございます。
    このコースでの完走は本当に大変だったと思います。
    しかも、途中でラーメン休憩もしている余裕が凄いです(笑)
    私も、このブルベに興味はあったのですが、スタート地点までが遠かったので諦めた次第です。
    今年は、何本かブルベに参加しようと思っていますので、タイミングが合えば是非御一緒してください。
    あっ!私、亀走ですので安心してください(^ω^)

  • 2018/02/24 (Sat) 22:05
    Yo-sukex #- - URL
    Re: Re: No title

    momo弐号さん

    こんばんは。
    コメント有難う御座います。
    momo弐号さんもこのブルベへの参加考えられていたんですね。
    平地民の私にとって本当に大変でしたが、なんとか完走出来て良かったです。
    車が無いので参加出来るブルベは限られてしまいますが、是非ご一緒させて頂ければと思いますので、宜しくお願いします。
    亀走。。。信じて宜しいでしょうか。笑。

  • 2018/02/25 (Sun) 21:12
    Tomy #mQop/nM. - URL
    No title

    無事完走お疲れさま~
    このコースは結構アップダウンがあってきつかったんではないでしょうか。
    私は野見金山と秋元牧場くらいで十分おなかいっぱいですから。
    ちなみに長生き展望台はPC3~GOALの図のあとの写真の右奥のあたりです。
    秋元牧場へと向かう長い、長い11%くらいの激坂を上り、右手に写真のそば屋
    が見えたら、そのそば屋さんのお店の駐車場に入り、そのまま抜けると長生き
    展望台です。眺めは野見金山のほうがいいかもね。

  • 2018/02/26 (Mon) 10:16
    Yo-sukex #- - URL
    Re: No title

    Tomyさん

    こんにちは。
    コメント有難うございます。
    事前にコースチェックをしていたものの、実際に走ってみたら想像以上でした。
    ただ、数日経つと楽しい思い出になっているのが不思議です。

    長生き展望台を探してそば屋さんの駐車場に入るところで引き返したんですが、
    やっぱりあの先にあったんですね。
    道路左側に見えた展望台らしき建物はハズレでした。笑。

    野見金山のミハラシテラスからの眺めとても良かったです!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する